早わかり!印刷用語辞典

印刷会社とのやり取りを行ううえで、どうしても必要になってくるのが数々の専門用語。効率的に作業を進めるだけでなく、円滑にコミュニケーションを取るためにも覚えておくと便利です。

ここでは、印刷に関してまったく詳しくないという方のために、主要な用語を印刷用語辞典としてピックアップしてみましたので、ぜひ活用してほしいと思います。

ビギナーでも安心!やさしい印刷用語辞典

印刷の種類やデータやソフトに関する用語、印刷会社とのやり取りで最低限知っておきたい用語を厳選してまとめています。不安な方はぜひご一読を!

印刷編

オフセット印刷
ベースとなる版を作って大量な印刷を行う手法で、版を作成する時にコストが掛かるので小ロットの印刷には不向き。そのかわり、印刷の質はオンデマンドよりも数段上。
オンデマンド印刷
枚数などに関わらず、パソコンなどで作成したデータをそのまま印刷機に送って印刷をしていくので、低コストかつスピーディーに仕上がる。
グラビア印刷
写真印刷に使用されており、凹版印刷の一種で、版の凹の部分にインクを載せて転写するため、微細な濃淡が表現される。
バリアブル印刷
DMやチケットといった連番印刷などに使われているもの。基本となる情報と、1枚ごとに可変する文字や数字といった情報を連続して印刷していく方法。
輪転印刷
ロール紙を使用することで紙の種類やサイズは制限されるものの、高速印刷することができるので、新聞広告などの大量印刷に用いられている。ひと昔前までは雑誌などでも使われていた。
トンボ(トリムマーク)
印刷デザインの仕上がりがフチの余白なしに紙全体になるよう印刷するときは、上下左右に裁ち落とし分を3mmずつ設けるが、その印のこと。全部の角と、縦と横の中心にマークがつくのが一般的。

データ・ソフト編

Adobe(アドビ)
「アドビシステムズ」と呼ばれ、クリエイティブなソフトウェアの開発や販売を行っている、業界内では世界最大規模のメーカー。
Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)
Adobeが販売している、イラストやパンフレット、ロゴなどの作成ができるソフト。通称「イラレ」とも呼ばれており、印刷業界だけでなく、デザイン業界では現在主流となっている。
独自の保存形式:.ai
Adobe Photoshop(アドビ・フォトショップ)
Adobeが販売している写真・画像編集ソフト。通称「フォトショ」とも呼ばれており、一般ユーザーだけでなくプロも利用するほどクオリティが高く、人気のソフトとなっている。
独自の保存形式:.psd
CTP(シー・ティー・ピー)
Computer To Plate(コンピューター・トゥ・プレート)の略で、コンピューターから直接、印刷するための刷版に焼き付けて出力を行う印刷のこと。従来はフィルムに出力してから刷版に焼き付けていたが、この工程を省くことでコストが削減できるようになった。
CMYK(シー・エム・ワイ・ケー)
印刷の基本4色となっているシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)のことで、通常のカラー印刷のほとんどはこの4色で行なわれている。
DTP(ディー・ティー・ピー)
DeskTop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略で、編集などの作業をコンピューターで行って出力する印刷のこと。
GIF(ギフ)
256色以下の画像データを保存するファイル形式の一種で、JEPGなどに比べてデータが軽く、色数が不要な図や線画イラストなどの画像記録に向いている。また、アニメーション(GIFアニメといわれる)を表現できるのも特徴。
保存形式:.gif
JPEG(ジェイペグ)
静止画像のデジタルデータを圧縮するして保存するファイル形式の一種で、データサイズを小さくする事が可能なため、写真など自然画像の記録に向いている。
保存形式:.jpg
Publisher(パブリッシャー)
マイクロソフトが販売しているDTPソフトで、初心者でもデザイン性の高い文書が作れる使いやすさが魅力。
Painter(ペインター)
コーレル社が開発・販売しているお絵かき用ソフトで、Adobe Photoshopとの互換性にも優れている。
Quark Xpress(クォークエクスプレス)
Quark社が開発・販売しているDTP用ソフトで、2000年代初頭までは一時代を築いたものの、Adobeのシェアが拡大してからはユーザーが減少傾向にある。
RGB(アール・ジー・ビー)
光の三原色となっているレッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)のことで、液晶やデジカメなどの画像の色表現法の一種。
ビットマップ画像
コンピューターグラフィックスの画像データ形式の一種で、画像を決まった数の点状(ドット)の画素を集めたもので描画している。拡大するとドットがそのまま拡大されてしまい、フチがギザギザになってしまう。
保存形式:.bmpなど
ベクター画像
コンピューターグラフィックスの画像データ形式の一種。数値データをもとに点や直線、曲線などを描画したもので、拡大や縮小を行っても画質が劣化しないのが特徴。
保存形式:.epsなど

デザインをこだわりたい!印刷用語辞典【上級編】 

印刷に関する基本の専門用語がわかったところで、印刷用データを作るレイアウトと印刷の工程について、さらに専門的な用語をご紹介します。印刷所とのスムーズなやりとりに活用できるでしょう。 

レイアウト・デザイン編

台割(だいわり)

本や雑誌など複数ページにわたる印刷物を制作する際に、どのページに何が入るのかを一覧表にしたもの。この台割りを元に、原稿が揃っているかどうかチェックする。

 組版(くみはん)

文字や図版などを規則的に配置して、印刷用の紙面体裁に整えること。昔は印刷所が行っていたが、現在ではソフトウェア上でデザイナーが行うことがほとんど。

版下(はんした)

印刷用の版を作るため、文字や写真などを配置したもの。昔は版下台紙に素材を貼り付けていたが、現在ではDTPで作られたレイアウトデータを指す。

ポイント/級(きゅう)

文字の大きさを表す単位。ポイントは活版印刷、級は写真植字で使われていた活字が元になっている。どちらも数が大きくなるほど、文字も大きくなる。

ベタ組み

文字と文字の間に隙間を空けずに配置すること。反対に、隙間を空けて配置することを「空き組み」という。

見開き

本や雑誌を開いたとき、左右に隣り合っている2ページのこと。複数ページにわたる印刷物をレイアウトする場合、基本的に1ページずつではなく、見開きでデザインする。

小口

本や雑誌の開く側のこと。

のど

本や雑誌の綴じてある側のこと。

本や雑誌で、本文の上や横に印刷されたインデックスのこと。

版面(はんづら/はんめん)

本や雑誌などで、ページの中で印刷されている部分のこと。 

アタリ

図版などが入る位置を示す、細い罫線のこと。実際には印刷されないが、罫線を生かして印刷するときには、「ケイイキ」といった形で特別に指示する。写真や図版などを仮に入れておく場合、その写真や図版そのものをアタリと呼ぶこともある。

ノンブル

本や雑誌などの複数ページにわたる印刷物で、ページ番号を示す数字。製本時にページの順番を間違えることがないよう、基本的には全ページ決まった位置に入れる。漫画などで定位置にノンプルを入れるのが難しい場合は、見えないところに配置する。

印刷技術編

線数

印刷のきめの細かさを示す単位。印刷物はすべて、網点(ドット)と呼ばれる小さい点の集まりで印刷されている。175線なら、1インチあたり175個の網点が並んでいるということ。数が大きくなるほど、印刷の精度も増す。

網掛け/リッピング

版下データを印刷機にかけられるように、網点に変換する作業。昔は、写真や図版などを専用のスクリーンを通して撮影することで対応していたが、現在はスキャナを使用している。

モアレ

網点と網点を重ね合わせたときに生じる干渉縞のこと。布地の目などの細かい模様を印刷しようとすると、網点と干渉してモアレが生じることがある。

 

マスキング

原稿どおりの色調を再現するため、製版の際に行う修正のひとつ。昔は、ハイライトマスク、シャドーマスク、プリンシパルマスクなど、目的に合わせてさまざまなマスク処理を行っていたが、現在ではカラースキャナで一括して行っている。

版ずれ

カラー印刷では通常、印刷に使うCMYKの4色それぞれの版を作り、1色ごとに印刷する。その版板の特定の色の位置がずれて印刷されてしまった状態が「版ずれ」。図版や写真、色のついた文字の輪郭がはっきりしなくなったり、下地の紙色が見えてしまうなどの現象が起こる。

面付け

本や雑誌などは、1ページずつ印刷するのではなく、複数のページを一度に大きな紙に印刷する。その作業ができるように、ページを配置することを「面付け」と呼ぶ。片面2ページ、両面4ページで印刷する場合は4面付け。8ページなら8面付け、16ページなら16面付け、32ページなら32面付けとなる。

折丁(おりちょう)

面付けして印刷された紙を、一定の順序で折りたたむと、ページが順番に並ぶようになる。その折りたたんだ紙を「折丁」という。

乱丁・落丁

乱丁は、ページの順番が入れ替わってしまっている状態のこと。落丁は、ページそのものが欠落している状態。ほとんどは面付けのミスによって起こる。

平綴じ

製本の形式のひとつ。本や雑誌などで、背から5ミリほど内側の部分を針金や糸で綴じる。

中綴じ

製本の形式のひとつ。本や雑誌を広げたような状態で印刷されたページを積み重ね、真ん中を針金で綴じる。

無線綴じ

製本の形式のひとつ。本や雑誌の背にあたる部分に接着剤をつけて綴じる。

網代綴じ(あじろとじ)

製本の形式のひとつで、現在の主流となっている綴じかた。本や雑誌の背に当たる部分に数ミリ間隔で刻み目をつけて、接着剤を流し込んで綴じる。無線綴じと同じ接着剤による製本方法だが、網代綴じのほうがしっかりと製本できる。冊子印刷メニューで無線綴じといっている印刷所でも、実際は網代綴じをしている場合が多い。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]