初心者歓迎!印刷通販のすべてがわかるサイト » 知っておくと便利な印刷物の基礎知識

知っておくと便利な印刷物の基礎知識

印刷通販サービスを利用する時に知っておくと役立つ知識を集めてみました。これさえ読めば、初めての方でも安心して依頼することができるはず。

いまさらこんなこと聞けない…といった方にも活用してもらえる情報をまとめて掲載しているので要チェック!詳細に関しては各ページをよく見て確認してくださいね。

これで安心!印刷の基礎知識Q&A

作業を行っていくうちに、これってどうすればいいの?と行き詰った経験はありませんか?そこで、いざという時でも安心して作業が行えるように、印刷に関する基礎知識をQ&A方式で解説していきたいと思います。

どんな印刷物を頼めるの?

名刺やパンフレットといった一般的なものをはじめとして、業者によってはのぼりや横断幕といった特殊なものまで幅広く対応しているので、依頼するものに応じて業者を選んでみましょう。

安く仕上げるコツはあるの?

まずは、各印刷物を依頼した際に発生する費用相場や適正価格を知っておくことが大切!同じ商品でも依頼する部数や納期によっても金額が変わってくるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?

オフセット印刷は、製版をしてから印刷するためコストはかかるものの、一度に大量の印刷に向いているのに対して、オンデマンド印刷はデータを直接読み込んで出力する方法なので、必要な部数だけを印刷することが可能!製版がないので低コストで印刷をすることができます。

どんなソフトで制作すればいいの?

入稿可能なデータ形式は依頼する印刷会社によって異なるので、DTPソフトやWord/ExcelといったMicrosoft Office系ソフトなど、対応している入稿データ形式をチェックしておく必要があります。

校正とはなにをすればいいの?

校正とは、印刷をする前に一度仮刷りなどを行い、印刷の仕上がりの確認をしたりすること。印刷通販会社によっては、校正サービスを行っているところもあるので、プロにお任せするのもひとつの方法です。

写真データのサイズとは?

画像を使用したデータ を入稿する場合は、印刷に適した画素数値(解像度)にしておかなければなりません。印刷会社や印刷物によって多少の違いはあるものの、一般的には印刷に適した解像度は300dpi~350dpiとなっています。

手書き原稿を入れたい場合はどうしたらいいの?

手書き原稿は、受け入れている業者と行っていない業者があるので要注意!手書き原稿をスキャンしてデータ化することで、印刷物に取り込む形式です。

どんな色でも印刷できるの?

印刷会社で対応している色は、基本的にはCMYKで表現可能な色の範囲とRGBで表現可能な色の範囲となっています。中には特色印刷を行っているところもあります。

使える文字は?

入稿に対応しているフォントは印刷会社によって異なる場合もあるので、フォント対応一覧表などをチェックしておくことをおすすめします。

原稿のサイズと紙の厚さの決め方とは?

原稿サイズは依頼する印刷物によってさまざまな種類があります。印刷に用いる紙の厚さは、原紙1000枚分の重さが何kgになるかで厚みを表示しています。

デザインは頼めるの?

印刷会社によって印刷物のデザインをすべてサポートしているところや、部分的にフォローしていたりする会社もあるので、必要に応じて使い分けるとよいでしょう。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]