写真データのサイズとは?

ここでは、印刷通販サイトで画像を貼りこんだデータを入稿する際、きれいに出力される写真の解像度についてアドバイスしています。

教えて!印刷データに最適な写真の解像度とは

写真をデジタル化する際に、必ず必要となってくる画像の情報量の基準となる数値を「解像度」と呼んでいます。

写真を高品質で印刷するには、この解像度が重要ポイント!仕上がりを重視する場合、ただ写真を印刷データに貼り付ければよいというわけではないので、きれいな印刷物を作るためにしっかりと覚えていきましょう。

画像解像度について

画面上では綺麗に見えている写真や画像ですが、実際に印刷してみたらアレッ?と思ったことはありませんか?

実はこれ、デジタル画像のきめの細かさによるものなのです。仕上がりが粗くなったり、美しく綺麗な印刷にならないのは画像解像度が不足しているため。

画像解像度の単位は主として「dpi」「ppi」で表され、1インチあたりの点の数を示しており、数値が大きいほど密度が高くなり高画質ということになります。

モニター画面上で表示する画像は一般的に72~96dpi(ppi)となっていますが、印刷に最低限必要とされているのは300dpi(ppi)以上と言われており、画面に表示される3~4倍以上の情報量が必要。

印刷に適した画像解像度の目安としては、カラー写真やイラストの場合350dpi 程度、白黒写真やイラスト(グレースケール)の場合、600dpi 程度、文字や線画のみのモノクロ2階調の場合は1200dpiとなっています。

ただし、高ければ高いほど良いというものではありません。

出力する機械が再現できる画像の解像度には上限があるため、それ以上の高精細な画像を入れても、意味がありません。

また、解像度が高くなれば、当然データ量が増え、そのことによる処理トラブルが起きる可能性もあります。

したがって、適切な解像度で画像を入稿することが大切といえます。

画像のサイズ変換

単純にリサイズや画像解像度を変更すれば高画質になるかと言えば、そうではありません。

画像のクオリティを低下させないためには、画像解像度と画像サイズの比率を変えないようにすることが大切!

画像編集ソフトを利用して変更することになりますが、専門知識のない方には少し難しい作業になるかもしれません。

印刷会社によっては画像サイズの変更サポートを行っているところもあるので、チェックしてみてくださいね。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]