原稿のサイズと紙の厚さの決め方

ここでは、印刷用原稿サイズを決めるための判型の形式や紙の厚さ、種類についてわかりやすく解説しています。

印刷用原稿サイズと用紙の種類

紙の種類やサイズはバリエーションが豊富。印刷物によって最適なサイズや用紙の種類があるので、どのようなタイプのものがあるか把握しておくと、印刷サイズも決めやすく原稿を作成する際にも役立ちます。

希望する印刷物をイメージどおりに制作するだけでなく、印刷会社やデザイナーに正しい指示が行えるようにきちんと理解しておきましょう。

紙の寸法と用途

一般的な紙の大きさを表すサイズは、JIS規格で定められた表記に基づき分類されています。

印刷会社では、規格サイズの値を基準に作業を行っていくため、規定のサイズ設定ではなく正しいサイズ数値となっているかが重要!

さっそく、おもな用紙サイズと、イメージしやすいように目安となるアイテムを一覧にしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

JIS規格サイズ

A版 サイズ 用途
0 841×1189mm 巨大ポスター
1 594×841mm 新聞の見開きページ
2 420×594mm ポスターなど
3 297×420mm 選挙ポスターなど
4 210×297mm ノートやカタログ、写真集など
5 148×210mm 書籍や小さめの雑誌など
6 105×148mm 文庫本や母子手帳など
7 74×105mm メモ帳や手帳など
B版 サイズ 用途
0 1030×1456mm 駅のホームなどにある巨大ポスター
1 728×1030mm 映画館のポスターなど
2 515×728mm 一般的なポスターなど
3 364×515mm 車内吊り広告やチラシなど
4 257×364mm 新聞の折込チラシなど
5 182×257mm 週刊誌やカタログ、ノートなど
6 128×182mm 単行本や書籍など
7 91×128mm パスポートや手帳など

おもな洋紙寸法サイズ

  • 四六判 788×1091mm
  • B列本判 765×1085mm
  • 菊判 636×939mm
  • A列本判 625×880mm
  • ハトロン判 900×1200mm

その他のサイズ

  • 名刺サイズ:91×55mm
  • クレジットカード:86×54mm
  • トレーディングカード:63×88mm
  • チケット:50×180mm(ノーマルサイズ)
  • ハガキ:100×148mm

用紙の種類

印刷用紙にもさまざまな種類がありますが、ここでは代表的な3種類を紹介していきます。

コート紙

カラー印刷によく用いられている光沢のある紙で、表面に特殊な薬品を塗っているため色の表現に優れており、鮮やかに印刷することが可能です。

印刷アイテム チラシ、カタログ、カレンダー、ポスターなど

マットコート

コート紙と同様の価格帯で、光沢を押さえた画用紙のような質感が特徴。コート紙のような発色の良さもありながら、インクのにじみが少ないので、筆記性にも優れています。

印刷アイテム 商品パンフレット、リーフレット、雑誌など

上質紙

コーティングされていないため、文字を主体とした印刷物に向いており、多量のインキを使用するものには不向きです。

印刷アイテム 書籍、取扱説明書など

用紙の厚さとは

印刷用紙の厚さの単位ではmmという馴染みのある単位は使用せず、規定の寸法に印刷用紙を仕上げた「連(れん)」という単位を用いています。

印刷用紙1,000枚を1連とし、1連あたりの重量を「連量」として90kg、110kgといった形式で表し、連量が大きい値であるほど厚みのある印刷用紙ということになります。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]