使える文字は?

ここでは、入稿データを作成する際の印刷可能な文字の種類やフォントに関する制約についてまとめて紹介しています。

入稿する時に印刷可能なフォントとは

パソコンの画面上ではきちんと表示されていたのに、実際に印刷してみたら文字化けしてしまったということはありませんか。

一般的に、画面に表示したり紙面に印刷されている文字は、書体デザインが統一された同一サイズのもので、これらの文字データを「フォント」と呼んでいます。

世の中には数え切れないほどの書体があり、パソコンにも数多くのフォントが搭載されていて、どれが入稿データに適しているのかわからないといった方も多いはず。

まずはどんな種類のフォントがあるのか、一緒に学んでいきましょう。

フォントのタイプ

フォントは大きく分類すると、以下の3つの形式に仕分けることができます。それぞれ特徴が異なるので覚えておきましょう。

トゥルータイプフォント(TrueType Font)

マイクロソフト社とアップル社の共同開発で作られたフォント形式で、TTFと表現されることもあります。WindowsとMacのパソコンに標準搭載されていることから、広く普及しています。

しかし、モニターでは綺麗に表示されますが、DTPの作成においては印刷会社での出力時の問題により懸念されている場合が多く、推奨されていません。

ポストスクリプトフォント(Postscript Font)

アドビ社によって開発されたフォント形式で、高解像度でも美しく印刷することができるようになっており、デザイン業界では主流となっています。

DTP作業に用いるプリンタやソフトウェアにはこのフォントが使われており、印刷会社に依頼する際にもこのフォントを用いて作成しておくと、スムーズに作業を行うことができます。

オープンタイプフォント(Opentype Font)

アドビ社とマイクロソフト社によって開発された新しいタイプのフォント形式で、DTPでのさらなる表現を追求し、さまざまな字体に対応可能!

WEBからDTPまで幅広く使用できるため、これからどんどん普及していくフォントです。

フォントの種類

これらのタイプは、フォントを形成するデータのタイプとなりますが、さらに「MSゴシック」「MS明朝」などの名前がつけられ、さまざまな形のフォントが存在します。

実は、これらのすべてを印刷できるわけではありません。それはコンピューターに、種類ごとにインストールしなければ出力できないからなのです。

文字化けとは、そのコンピューターに存在しないフォントを出力する際に起こるトラブルなのです。

それを避けるためには、依頼する印刷会社がどのようなフォントを持っているのか、あらかじめ知っておく必要があります。

たいていはウェブサイトに記載されているので、原稿作成の際には確認するようにしてください。

どうしても使いたい文字があったら…?

フォントにはさまざまな形があるので、キャッチコピーや見出しなどで、印刷会社が持っていなくても、どうしても使いたいという場合もあるでしょう。

その場合はあきらめなければならないのかというと、そんなことはありません。

実は、文字のデータをいわば“画”に変えてしまう、“アウトライン化”という方法があるのです。

テキスト部分をすべて編集ソフトで文字をアウトライン化すれば、印刷会社の機械でも表示できるようになります。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]