安く仕上げるコツはあるのか

ここでは、安い印刷通販会社に依頼しながら、さらに安くする方法をご紹介します。納期や使用する用紙などについてもアドバイスしているので、参考にしてください。

納期や印刷方法をチェック!ネット印刷を安くする心得

ネットの印刷会社では、お得なプランをさまざま揃えていますが、さらに安く利用する方法があることを知っていますか。

 

24時間いつでも発注することが可能な印刷通販会社を賢く活用するため、覚えておくと良い心得をまとめてみましたので、ぜひ役立ててみてくださいね。

印刷を安く仕上げるコツ5か条

 

その1. 印刷の納期は余裕を持つ
翌日仕上げなどの最短仕上げは、費用が通常工程の印刷よりも高くなっている会社がほとんど。急ぎの案件でない限りは、ゆとりを持った納期で依頼することでコストカットに繋がります。
納期次第では、同じ依頼内容でも半額近くになることも。
その2. 印刷する方法と数量をチェック
制作物によっては、ダイレクトに印刷物を作成するオンデマンド印刷にすると、より安く仕上げることが可能!いつも使用するものは一度に大量注文することで、何回にも分けて依頼するより費用が抑えられます。
その3. 印刷物を依頼する段取り
一般的には印刷代金とは、デザイン料金とデータ作成料金、印刷料金の3つから成り立っています。どの段階から依頼するかによって印刷コストに大きな違いが出てくるため、安く仕上げたい方は、印刷だけをお任せするように準備をしておくのがポイントです。
印刷会社によっては、デザインなどすべてがコミコミのプランや、サポート体制が充実しているところもあるので、調べて見るとよいでしょう。
その4. 入稿データの管理
入稿データに不備があると、作業がスムーズに進まないだけでなく、修正のための余計な料金が発生してしまうケースもあるので、入稿時には印刷会社の規定に合った形式になっているのか、しっかりと確認を行いましょう。
その5. 使用する紙の種類
印刷物に使用する紙の種類によって費用は異なるので、印刷するアイテムに合ったものを使用するだけでなく、同一の印刷物に対しては同じ用紙を使うことで安く仕上げることが可能です。
たいていの印刷会社には「常備紙」と呼ばれる、印刷代金に含まれる用紙があります。常備紙が充実している会社であれば、希望の仕上がりにはどの紙が適しているのか、相談してみるのも良いでしょう。 

用紙のサイズ別、種類別に料金を比較!安い印刷通販業者BEST3

ネット印刷を安く利用するためにポイントとなるのは、やはり印刷通販業者の選び方です。印刷通販業者はたくさんありますが、それぞれ得意としている印刷物に違いがあれば、価格にも違いがあります。

ここでは、チラシで最も多いA4サイズから大きめのB4サイズまで、定番の印刷物から特殊な印刷物まで、どの業者が安いのか比較してみたいと思います!

定番のチラシを印刷したい人必見!サイズ別・安い業者BEST3

 ネット印刷で定番のチラシやフライヤーが最も安く印刷できる業者はどこなのでしょうか?

サイズ別に比較していきましょう!

 

A4サイズ(100部)の価格が安いBEST3

1位 プリントパック 430円(片面カラー・コート90g)

2位 ジオプリント 638円(片面カラー・コート90g)

3位 プリントネット 640円(片面カラー・コート90g)

 

B4サイズ(100部)の価格が安いBEST3

1位 プリントパック 1,820円(片面カラー・コート90g)

2位 グラフィック 2,880円(片面カラー・コート90g)

3位 アルプスPPS 3,390円(片面カラー・コート90g)

 

A4、B4ともに「プリントパック」が1位となりました! 

特殊な印刷物を印刷するなら!紙の種類別・安い業者BEST3 

少し趣向を凝らした印刷物に仕上げたい時は、用紙の種類にもこだわりたいものです。

価格の安い業者を、紙の種類別で比較していきましょう!

 

マットコート紙(A4、100部)の価格が安いBEST3

1位 プリントパック 1,500円(片面カラー・90g)

2位 アルプスPPS 1,520円(片面カラー・70g)

3位 ラスクル 2,000円(片面カラー・コート90g)

 

アートポスト紙(A4、100部)の価格が安いBEST3

1位 ネットDEコム 4,147円(片面カラー・180g)

2位 プリントネット 4,150円(片面カラー・180g)

3位 ラスクル 4,320円(片面カラー・180g)

 

特殊な用紙は取り扱いがある業者とない業者があるので注意が必要です。

【総合】安い印刷通販業者BEST3

1位 プリントパック

2位 アルプスPPS

3位 ラスクル

 

価格が安い印刷通販業者、総合1位はプリントパックという結果になりました。

印刷通販会社がこれほど安くできるのはなぜ?印刷通販の仕組みを紹介

近年、印刷通販は需要を高めるとともに業者の数を増やし、企業・個人を問わず普及してきています。

その人気はなんといっても価格の安さです。

印刷通販会社がここまで低価格で印刷物を提供できるのはなぜなのでしょうか?

人件費を削減しているから

印刷通販では一般の企業のようにアドバイスを行う営業マンはいないことがほとんどで、基本的には発注者側で注文内容をすべて決定し、データを入稿する必要があります。

しかし、一般の企業であれば、見積りから受注などのやり取りを営業マンが担当することになります。

注文を受ける際に印刷物のデザインや用紙、サイズ、厚さ、特殊加工などのアドバイスを行うことも多々あります。

営業マンが存在しないことは、人件費の削減に直結すると考えてよいでしょう。

複数の印刷物を同時に印刷しているから

印刷通販では、オフセットと呼ばれる大量印刷を行っている場合がほとんどです。

オフセット印刷では、大きな版のようなものを用いて一度に複数の印刷物を印刷しています。

例えば、B5サイズの用紙の10倍の大きさの印刷機があったとします。

印刷通販では、その印刷機で印刷するとなれば、B5サイズの印刷物を用紙の種類やカラー、枚数などができるだけ同じものを可能な限り突き合わせて印刷を行うのです。一度の稼働でB5サイズ1枚だけ、などという無駄なことはしません。

これにより、印刷コストの削減を実現させています。

高機能な印刷機を導入しているから 

オートメーション機能が搭載された高機能な印刷機を導入することにより、オペレーターの教育費や人件費を削減している業者もあります。

また、自社に印刷機を持っていなくとも、提携している印刷会社に代行させている業者もあり、その場合、印刷機にかかるコストを削減することが可能だと考えられます。

いずれにしても、印刷通販では各業者によって差はあるものの、何かしらコスト削減のための策がなされているというわけです。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]