HOME » 知っておくと便利な印刷物の基礎知識 » 安く仕上げるコツはあるのか

安く仕上げるコツはあるのか

ここでは、安い印刷通販会社に依頼しながら、さらに安くする方法をご紹介します。納期や使用する用紙などについてもアドバイスしているので、参考にしてください。

納期や印刷方法をチェック!ネット印刷を安くする心得

ネットの印刷会社では、お得なプランをさまざま揃えていますが、さらに安く利用する方法があることを知っていますか。

24時間いつでも発注することが可能な印刷通販会社を賢く活用するため、覚えておくと良い心得をまとめてみましたので、ぜひ役立ててみてくださいね。

印刷を安く仕上げるコツ5か条

その1. 印刷の納期は余裕を持つ
翌日仕上げなどの最短仕上げは、費用が通常工程の印刷よりも高くなっている会社がほとんど。急ぎの案件でない限りは、ゆとりを持った納期で依頼することでコストカットに繋がります。
納期次第では、同じ依頼内容でも半額近くになることも。
その2. 印刷する方法と数量をチェック
制作物によっては、ダイレクトに印刷物を作成するオンデマンド印刷にすると、より安く仕上げることが可能!いつも使用するものは一度に大量注文することで、何回にも分けて依頼するより費用が抑えられます。
その3. 印刷物を依頼する段取り
一般的には印刷代金とは、デザイン料金とデータ作成料金、印刷料金の3つから成り立っています。どの段階から依頼するかによって印刷コストに大きな違いが出てくるため、安く仕上げたい方は、印刷だけをお任せするように準備をしておくのがポイントです。
印刷会社によっては、デザインなどすべてがコミコミのプランや、サポート体制が充実しているところもあるので、調べて見るとよいでしょう。
その4. 入稿データの管理
入稿データに不備があると、作業がスムーズに進まないだけでなく、修正のための余計な料金が発生してしまうケースもあるので、入稿時には印刷会社の規定に合った形式になっているのか、しっかりと確認を行いましょう。
その5. 使用する紙の種類
印刷物に使用する紙の種類によって費用は異なるので、印刷するアイテムに合ったものを使用するだけでなく、同一の印刷物に対しては同じ用紙を使うことで安く仕上げることが可能です。
たいていの印刷会社には「常備紙」と呼ばれる、印刷代金に含まれる用紙があります。常備紙が充実している会社であれば、希望の仕上がりにはどの紙が適しているのか、相談してみるのも良いでしょう。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]