HOME » 知っておくと便利な印刷物の基礎知識 » どんなソフトで制作すればよいか

どんなソフトで制作すればよいか

ここでは、印刷物の入稿原稿を作るソフトについて解説。利用者のレベルに応じたオススメ作成ソフトも紹介しています。

誰でもできる!レベル別おすすめ印刷物作成ソフト

入稿原稿を作成するのに必要なソフトには、たくさんの種類があります。

「自分は窓口だから」と、実際に作成をすることはないとしても、知識として作成ソフトの名称や主な機能を知っていればスムーズに打ち合わせが行えるはず。

そこで、利用者のレベルに応じたおすすめソフトをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者・ビギナー向け

Microsoft Officeソフトウェア

  • Word(ワード):保存形式:.doc .docx
  • Excel(エクセル):保存形式:.xls .xlsx
  • PowerPoint(パワーポイント):保存形式:.ppt .pptx
  • Publisher(パブリッシャー):保存形式:.pub

ただし、これらのソフトは印刷データ制作用のアプリケーションではないため、色やフォントなどが上手く印刷されない可能性があり、印刷会社によっては印刷可能なデータに変換する作業が必要となる場合があります。

中級者以上

印刷に必要なレイアウトや編集などを行う専門ソフト(DTPソフト)を用いて作成していきます。

Adobeソフトウェア

  • Illustrator(イラストレーター):保存形式:.ai .eps

最も一般的なドローイングソフトで、プロのデザイナーの多くはこのソフトを使用しています。

  • Photoshop(フォトショップ):保存形式:.psd .eps

最も一般的な画像処理ソフトで、写真や画像の加工や編集に優れています。

  • InDesign(インデザイン):保存形式:.indd

書籍レベルの文章や画像などのレイアウトを行うページレイアウトソフトのひとつで、IllustratorやPhotoshopのデータをそのまま取り込んで使用することができます。

Quarkソフトウェア

  • QuarkXPress(クオークエクスプレス):保存形式:.qxd .qxp

PCでのデザイン黎明期からあるページレイアウトソフトの代表的なものですが、今はInDesignを使用している人が増えています。

主だったソフトはこのようなものになります。入稿する時には、必ずソフトの最新アップデートを適用してから保存することが大切!印刷会社の入稿条件に合ったファイル形式にしておきましょう。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]