ネットDEコム

ここでは、徹底した自社管理体制による印刷通販会社ネットDEコムの特徴や取扱商品、印刷料金などをまとめて紹介しています。

一貫生産のメリットを活かしたネットDEコムの特徴

ネットDEコムの公式HP画像

引用元:ネットDEコムの公式HP http://www.i-netde.com/

創業38年の総合印刷会社が運営しているネットDEコムは、豊富な印刷アイテムやサイトメニューに記載の無い印刷にも臨機応変に対応してくれるサービスが人気。

一件一件の依頼に丁寧に向き合いながら、最後までしっかりとサポートしてくれるので、印刷やデザインの知識が無くても安心してお任せすることが出来ると思います。

最新鋭のシステムを使用するだけでなく、印刷を熟知した職人や経験豊富なスタッフが各工程を管理することで、印刷品質を保ち予定された期日内にハイクオリティなものをきちんと仕上げてくれるのが特徴。

印刷に使用する用紙も国産にこだわり、より安定した品質を維持するように努めているんだとか。国産紙ならではの仕上りは他の用紙と比較すると一目瞭然!この仕上がりに惚れ込んでリピートする方が多いそうです。

ネットDEコムの口コミ評判

  • 「登録するとマイページというシステムにより、印刷物の仕上がりを確認することができます。どんなふうにできるのかの確認と、進捗状況を確認することができて、安心することができました。当日出荷の急ぎの案件にも対応してもらえましたので、とても助かりました。また、注文履歴から同じ仕様で再注文することができるのも便利です。海外のお客様に見せる必要がある印刷物も、きれいな仕上がりにすることができたので、先方も満足してくれました。」
  • 「会社で販促物を作成する担当になったのですが、うちとしては初めての試みで、何も分からない素人でした。チラシを作成するのも手探りだったため、よく分からないままネット検索してたどりついたネットDEコムさんに依頼することに。でも想像以上に親切な印刷屋さんで、ここ2年ほど利用させてもらっています。原稿デザインはこちらで作成してデータを入稿し、印刷してもらっていますが、こちらが間違った原稿を入れてしまった時は電話確認がきました。細やかな配慮をしてもらっていて、助かりました。これからも頼りにしています。」
  • 「PTAの広報を作成するために利用させていただきました。メディア入稿していて、もしかすると他のお客さんよりも処理が面倒なのかもしれませんが、親切丁寧な対応をしてもらって感謝です。急いでいたので何度も電話して確認したり指示し直したりということがありましたが、そのたびに違うスタッフさんが対応してくれました。しかしどなたが対応されても丁寧で、細やかな配慮ができる印刷所さんだなぁと思いました。」
  • 「ネット経由での依頼というのは少し不安もありましたが、ホームページの画面操作が簡単で、使いやすかったので良かったです。サイトは古い感じのデザインだなぁとは思いましたが、分かりやすいので良いと思います。仕上がりの日付を選び、早く印刷するなら高く、余裕を持った日程での注文なら安くなるというのが一目瞭然でした。納期に余裕があれば自分で印刷するより格段に安く仕上げることができるので、便利だと思います。指定した納期の通りに印刷物も届きました。」
  • 「印刷屋さんとしてはとにかく安く、全国送料無料ということで利用させていただいています。ネットの印刷所は安いと言っても、これだけの低コストでチラシ類などを作れることは中々ないと思います。ネット上で入稿したり指示したり、やり取りしたりすることになりますが、データチェックがスピーディーなので助かります。わたしの感覚としては、平均2時間くらいでデータ確認できているように思います。また、完成まで営業日換算で日数計算されますが、日曜日も営業日として計算してくれるため、少しお得感があります。」

取扱商品

代表的な商品

名刺 料金 961円(送料込)~
※100枚(フルカラー)
納期 3営業日
チラシ/フライヤー 料金 1,652円(送料込)~
※100部(片面4色) A4/A4変型サイズ コート90kg
納期 5営業日
パンフレット
(中綴じ冊子印刷)
料金 17,129円(送料込)~
※8p 100部(フルカラー) A4判 コート90kg
納期 7営業日

会社情報

運営会社 株式会社 新晃社
所在地 本社・カスタマーセンター:東京都北区東田端1-7-3 田端フクダビル4F
営業時間 (平日)8:00~21:00/(土)8:00~17::00 ※日祝・年末年始を除く
配送料金 全国送料無料
支払方法 銀行振込/クレジット/法人売掛/後払い/店頭払い

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]