書籍/同人誌

ここでは、同人誌や書籍を安く印刷してくれる印刷通販会社をリサーチしながら印刷するときのアドバイスをしています。

同人誌や書籍印刷を格安で行う印刷通販会社をチェック

同人誌や書籍印刷は自費出版として、リーズナブルに印刷を依頼することが出来る印刷通販で行うのがほとんど。表紙印刷や中綴じ冊子印刷を組み合わせて1冊の本として完成させていきます。

印刷通販で同人誌や書籍印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!同人誌の印刷価格比較表

各社の同人誌の印刷価格を比較してみました。比較条件は、「書籍」の印刷プラン、サイズは「A4」で「中綴じ」、印刷は「カラー」で部数は「100部」で「20ページ」。また、最短納期と7営業日の価格も掲載しております。

業者名 最短納期 最短納期の価格 7営業日の価格 送料 備考
プリントパック 4営業日 ¥59,380 ¥36,550 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 3営業日 ¥72,900 ¥41,110 税別 送料別 -
プリントネット 取扱なし - - - - -
イロドリ 取扱なし - - - - -
キングプリンターズ 取扱なし - - - - -
アルプスPPS 取扱なし - - - - -
グラフィック 取扱なし - - - - -
ネットDEコム 取扱なし - - - - -
WAVE(ウェーブ) 5営業日 ¥30,760 - 税抜き 送料込 -
東京カラー印刷 4営業日 ¥60,300 - 税込み 送料込 ※4営業日、5営業日、8営業日のみ

書籍に関しては、同人誌や冊子として扱っている会社が多いです。なので、すべての会社を同じ条件で調査することは難しいです。

あえて、評価をするのであれば「表紙」と「本文」については、表紙をマット紙で本文に上質紙といつたミックスした印刷も可能です。

そのため、製本したい書籍によって印刷業者の評価もも異なります。それでも、プリントパックの書籍印刷では本文だけの紙が用意されています。

よって、読みやすい紙で書籍作りを楽しむことができます。

書籍印刷の紙の厚さと種類について

書籍を作るための用紙があることをご存じですか。書道に例えると、半紙のような役割をする用紙です。ほとんどの人は、普通の用紙を使っていると考えているでしょう。

ここからは、印刷通販に書籍を依頼するときに、どんな紙を選べばよいか説明します。さらに、用紙の種類はどれがピッタリなのか紹介します。

上質紙

まず、1つ目は上質紙です。文字が読みやすくて新聞記事やコピー用紙にも使われている用紙です。古紙をリサイクルしているので、環境にやさしい用紙とも言えるでしょう。

この用紙のメリットは、文字の読みやすさと書きこみのしやすさです。参考書などの書籍では、ポイントをマーカーペンでなぞったり、メモを書けるので適しています。

デメリットは、写真集のような書籍だと、画像の写りが悪いので避けたほうが良いでしょう。

コート紙

コート紙は、書籍作りにはかかせない用紙です。メリットとしては、ほとんどの書籍の表紙はコート紙で作られているほど、書籍に適した用紙であることです。

理由は、写真を載せてもキレイに印刷されることや紙の厚さが薄すぎないからです。上質紙のような薄い用紙では、切れやすいといった耐久性の問題があります。

ただし、100マス計算のような書き込み型の書籍を製本したい人は避けましょう。文字を書くことが難しい用紙です。

マット紙

書籍で使われるマット紙は、A2・3マット紙です。A2マット紙は、上質紙をアレンジしたものです。そのため、上質紙のデメリットである写真付きの書籍でも問題がありません。

さらに、文字も上質紙のように読みやすいです。主に、ファッションやグラビア雑誌に使われています。マット紙の種類によっては、値段が高くなることがあり、その点がデメリットと言えます。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]