ダイレクトメール(DM)

ここでは、DM印刷を依頼する時におすすめの印刷会社を掲載。価格や特徴、DM印刷のポイントなどをまとめています。

格安DM印刷でおすすめの印刷通販会社をリサーチ

ダイレクトメールは商品案内やカタログなどその内容は多岐に渡ります。印刷会社によっては、印刷から投函まで全てサポートしてくれるプランがあるので、チェックして欲しいと思います。

印刷通販でDM印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を3つ厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

 

ダイレクトメール印刷おすすめ3選

DM印刷を大判はがきサイズの光沢紙(アートポスト)180kgの片面フルカラー印刷で100枚依頼した場合の最安値と納期、用紙の種類でピックアップしています。

プリントパック

価格 3,420円(送料込)
用紙 18種類(上質2種・アートポスト2種・マットコート2種など)
納期 7営業日(土日祝を含む)
価格以上の高クオリティにこだわり、他社よりも価格が高い印刷アイテムがあれば業界で唯一価格保証を行っているので安心。全国にある自社工場で徹底した管理体制のもと印刷を行っているので、品質面でも高い信頼を得ています。

アルプスPPS

価格 3,730円(送料込)
用紙 6種類(アートポスト2種・マットコート2種・上質2種)
納期 7営業日
最新の生産設備を導入することで、圧倒的な低価格を実現!熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げてくれる品質の高さも評判となっています。

グラフィック

価格 4,070円(送料込)
用紙 30種類以上(コート7種・マットコート4種・ケント2種など)
納期 7営業日(土日祝を含む)
独自の印刷システムが人気で、24時間年中無休で印刷対応してくれます。取り扱っている用紙の種類がとにかく豊富でプロの方から一般の方まで幅広いユーザーがいます。

会社別!DM印刷

各社のDM印刷プランを比較してみました。比較条件は、「DM」印刷プランで、印刷用紙は「上質紙90kg」、色は「片面カラー」で部数は「100部」です。また、最短納期と1営業日の価格も掲載しております。

業者名 最短納期 最短納期の価格 1営業日の価格 送料 備考
プリントパック 当日発送 ¥1,740 - 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 1営業日 ¥4,300 - 税別 送料別 -
プリントネット - - - - - -
イロドリ - - - - - -
キングプリンターズ - - - - - -
アルプスPPS   - - - - -
グラフィック - - - - - -
ネットDEコム - - - - - -
WAVE(ウェーブ) - - - - - -
東京カラー印刷 当日発送 ¥1,740   税込み 送料込 -

このDM印刷の対応表を見ると、「上質紙」「90」「片面カラー」「100部」の条件に対応しているのは、プリントパック・ラクスル・東京カラー印刷です。ラスクルに関しては、1営業日で4300円とリーズナブルな印刷業者ではありません。

残る2つの業者が「プリントパック」と「東京カラー印刷」です。料金と納期のみを比較すると、当日配送で1740円と同じです。ただし、東京カラー印刷は片面印刷のみに対応しています。プリントパックは、片面から両面まで対応してるのでお客様のニーズに応えてくれます。印刷方法の種類が多く、最短でリーズナブルな料金はプリントパックしかありません。

DM印刷の紙の種類と厚さについて

紙の質によって、DMを印刷したときの印象が変わるのでしょうか。ここでは、「上質紙」「コート紙」「マット紙」の3つの用紙について解説します。

「上質紙」

上質紙は、コピー用紙にも使われている用紙です。用紙に詳しくない人も聞いたことがある用紙の名前ではないでしょうか。この用紙を利用してDM印刷をするのは、重さによっては適していません。上質紙の70kgを使用する場合は、軽いためDMには向いていません。また、画像を使用しているDMには上質紙は避けた方が無難です。なぜなら、画像が暗く印刷されるからです。文字だけの申込用紙や挨拶文のみが書かれているDMは、上質紙を利用すると文字が見やすいメリットがあります。

コート紙

コート紙は、厚紙のことを指します。主にパンフレット・ポスター・カレンダーと数多くの印刷物に使用されている用紙です。こちらのメリットは、画像と文字が見やすいことです。どちらかと言えば、文字だけではなく画像が多いDMであれば、鮮やかな状態に印刷が可能です。ただし、申込用紙や書き込みが必要なDMには向いていません。素材がツルツルしているので、ペンで書けません。

マット紙

マット紙は、会社のパンフレットに使われる用紙です。就職活動でパンフレットをもらった人は質感が分かりますよね。光沢は、マット紙よりもおさえめに作られています。高級感があってペンでの書き込めるのがメリットです。高級ホテルやパーティーのキャンペーン用DMにオススメです。コート紙よりは、カラー印刷の再現性がありません。写真の多いDMはコート紙を使用するのがベストです。

ダイレクトメール印刷のワンポイント

DM印刷はA4サイズからはがきタイプのものがあり、掲載する情報量によって大きさを選ぶことが可能です。

印刷会社の中には商品カテゴリの中にDM印刷というジャンルがない場合もありますが、以下の項目で記載されていることが多いので確認してみてくださいね。

仕上がりの種類

  • ポストカード
  • 大判ポストカード
  • 二つ折り圧着はがき
  • 三つ折り圧着はがき

 

宣伝効果アップ!読んでもらえるDMを印刷するポイントを紹介

せっかくお金をかけて印刷するのですから、できる限り宣伝効果の高いDMにしたいもの。そのためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

サイズや配色で目立たせて、ほかの郵便物に埋もれないようにする

DMは、まず手にとってもらえなければ始まりません。そのためには、たくさん届く郵便物の中でも目立つように工夫する必要があります。 

ハガキならば、郵便はがきよりも大きいサイズにしてみてはいかがでしょうか。もちろんその分、郵送料がかかってしまいますが、目にとまる率が高くなります。さらに情報量も、通常のはがきよりも多くなるという利点があります。

配色を工夫してみるのもいいでしょう。赤と緑、青と黄色といった正反対の色を組み合わせて使うと、派手で目立つようになります。反対に、青と水色と緑といった同系統の色でまとめると、統一感のある上品な色使いになります。

魅力的なキャッチフレーズを大きく表記する

商品やサービスをアピールする魅力的なキャッチフレーズをつけるのもおすすめです。魅力的なキャッチフレーズといっても、難しく考える必要はありません。

コツとしては、「今だけの」「数量限定販売」「あなただけに」といった、何らかの区切りを入れ込むこと。今でなければ手に入らないと煽ったり、優越感をくすぐったりすることで、お客様にアクションを起こさせることができます 

優越感をくすぐるには、DMを受け取った人だけの特典をつけるのもいいでしょう。「このハガキを持参した方は5%オフ」といったパターンにすると、DMの効果がどのくらい上がっているかも分かります 

さらに、魅力的なキャッチフレーズは、ぱっと見ただけで目に飛び込んでくるような大きな文字にしておくと効果倍増です。

DMを目立たせるには、視覚だけではなく触覚も重要

DMを目立たせるポイントは、色合いやキャッチフレーズといった視覚的なものだけではありません。じつは手で触れたときの感触も重要なのです。

同じサイズ、同じデザインのはがきでも、薄っぺらい紙だと安っぽく感じてしまいます。すると「大した内容ではないだろう」と考えてしまいがちです。つるつるとした手触りのコート紙や、しっとりとした質感のマットコート紙を使うと、高級感を出すことができます。

剥がして中を見る圧着はがきもおすすめです。じつは、圧着はがきを剥がすときの感覚が好きだという人も少なくありません。圧着はがきなら普通のはがきよりも重量感がありますし、同じ郵送料で2倍の情報量を詰め込むことができます。

封筒で送るタイプのDMなら、ミシン目加工をして開けやすくするという方法もあります。これも圧着はがきと同じく、ミシン目を開くときの快感が味わえるため、中を見てもらえる確率が高まります。

封筒の中に、サンプルのような立体的なアイテムを同封するのもいいでしょう。何が入っているのかという興味をそそることで、開封をうながすことができます。

Webページに誘導して多くの情報を伝える

せっかくお金をかけてDMを送るのだから、できるだけたくさんの情報を伝えたいと思うのは当然のこと。でも、あまり内容を詰め込みすぎると、文字が小さく読みにくいDMになってしまいます。

「DM程度の大きさでは、伝えたいことをすべて載せるのは不可能」だと諦めることも肝心です。ほかにも伝えたい情報があるなら、DMにQRコードやURLを記載してWebページに誘導するのもひとつの方法です 

DMの役割は、今まで商品やサービスを知らなかった人に、その存在を伝えること。伝えたい内容はWebページで紹介するといった形で役割分担をはっきりさせたほうが、結果的に多くの情報を伝えられる可能性があります。

さらにDMと連動したWebページに誘導することで、どの程度のレスポンスがあるのかの判断ができるという利点もあります。

どんな層にDMを届けたいのか、メインターゲットを設定する

DMにどういう効果を期待しているのか、はっきりさせることも大切です。

「まだこの商品やサービスを知らない人に、存在を知らせたい」というのと「すでに知っている人にリピーターになってほしい」というのでは、伝える内容も変わってきます。そのほかに、「すでに顧客となっている人に、もっとお金を使ってほしい」という場合でも変わってくるはずです。

DMに限らず、広告の基本はターゲットを明確にすること。どんな層に届けたいのかをはっきりさせることで、より効果的なDMが作れるはずです。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]