封筒

ここでは、封筒を印刷する際の注意点や安くて信頼出来るおすすめ印刷通販会社などをまとめて掲載しています。

封筒の印刷ならココ!おすすめ印刷通販会社3選

封筒は郵便物の送付だけでなく、資料を入れて渡したり用途はさまざま。名刺と並ぶビジネスシーンには欠かせない印刷アイテムです。

印刷通販で封筒を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を3つ厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

封筒印刷おすすめ3選

最もよく用いられている長3封筒で比較。ホワイトケント紙のフルカラー印刷で100部依頼した場合の最安値と納期、用紙の種類でピックアップしています。

プリントパック

価格 2,300円(送料込)
用紙 17種類(クラフト2種・ケント2種・カラー12種など)
納期 6営業日(土日祝を含む)
ユーザー数は80万人以上という業界大手の印刷通販会社で、格安ながら高品質な仕上がりで人気!印刷アイテムの種類も豊富なので幅広い方から支持を得ています。

ラクスル

価格 2,570円(送料込)
用紙 9種類(クラフト・ケント・カラー6種など)
納期 6営業日
法人専用サービスを行っているので大量注文でも安心。一般の方から企業まで、さまざまなニーズに臨機応変に対応してくれると評判となっています。

イロドリ

価格 2,571円(送料込)
用紙 11種類(クラフト・ケント・カラー9種)
納期 6営業日(土日祝を含む)
平日だけでなく、土日祝日も24時間入稿可能!チャットを使用した独自の問い合わせシステムで、直ぐに疑問が解消出来るようになっています。

封筒印刷のワンポイント

封筒で使用される形状は、A4書類を折らずに入られる角形、A4の用紙を三つ折りにして収める長形、手紙や案内状に用いられる洋長の3種類となっています。

オリジナル封筒を作成する場合は、office系ソフトでの入稿も可能なところが多く、更にこだわる場合はillustratorなどの専門ソフトを用いて作成することで、クオリティの高いデザインに仕上がります。

仕上がりの種類

  • 長3封筒
  • 長4封筒
  • 角1封筒
  • 角2封筒
  • 角3封筒
  • 洋長3封筒
  • 窓付き封筒(長3・長4・角2・洋長3)

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]