ちらし/フライヤー

ここでは、チラシ印刷が安い3社を徹底比較。チラシ印刷のポイントや注意点などをまとめて紹介しています。

格安チラシ印刷で評判の印刷通販会社を比較

チラシはおもに宣伝や広告といった目的で制作されており、日常生活で常に目にしている印刷物で、用途に応じてさまざまなタイプのものがあります。

なかでも折込チラシやポスティングによる広告は毎日手にしているくらい、業界で最も依頼件数の多い印刷物でもあります。

会社別!チラシ印刷価格比較表

各社のチラシ印刷価格を比較してみました。比較条件は、紙のサイズは「A4」、紙の種類は「コート紙」、厚さは「90kg」、印刷は「両面4色」で部数は「100部」です。また、最短納期と1営業日の価格も掲載しております。

業者名 最短納期 最短納期の価格 1営業日の価格 送料
プリントパック 当日発送 ¥3,070 ¥2,590 税込み 送料込
raksul(ラクスル) 1営業日 ¥2,500 ¥2,500 税別 送料別
プリントネット 当日発送 ¥4,780 ¥4,270 税込み 送料込
イロドリ 1営業日 ¥4,392 ¥4,392 税込み 送料込
キングプリンターズ 1営業日 ¥7,590 ¥7,590 税込み 送料込
アルプスPPS 1営業日 ¥4,050 ¥4,050 税込み 送料込
グラフィック 当日発送 ¥6,680 ¥5,570 税込み 送料込
ネットDEコム 当日発送 ¥6,274 ¥5,194 税込み 送料込
WAVE(ウェーブ) 当日発送 ¥6,870 ¥5,150 税抜き 送料込
東京カラー印刷 当日発送 ¥3,070 ¥2,590 税込み 送料込

2017年4月調べ

安くて納期が早い印刷業者は、「プリントパック」「ラスクル」「東京カラー印刷」ですね。ただし、ラスクルは1営業日配送のみ対応しています。納期で見ると、「プリントパック」と「東京カラー印刷」に絞られましたね。ただし「東京カラー印刷」は、コート紙以外の用紙を選択すると、4020円と跳ね上がります。よって、どんな用紙でも安くて当日配送にも対応しています。まさに、安い・早い・ステキなチラシが作成できます。

チラシを印刷通販で依頼する際にどのような紙と重さを選ぶべきか

チラシは、厚さによって印象が変化します。ここでは、チラシの厚さと印象について解説します。

上質紙

上質紙は、普通のコピー用紙に使われていて、みなさんもいつもお世話になっている用紙でしょう。

メリット
  • 記入欄のあるチラシに向いている
  • 写真よりも文字が多いチラシにピッタリ
デメリット
  • 写真の多いチラシには向いていない

コート紙

コート紙は、いろいろな印刷物に使われている人気者です。カレンダー・ポスター・パンフレットなどバランス感のある用紙です。

メリット
  • ツヤがあるため、写真の多いチラシにピッタリ
  • イラストが書いてあるチラシと相性が良い
  • 薄い用紙もあり、低コストのチラシを作りたい人
デメリット
  • 光沢紙よりは、ツヤがない

マット

マットは、コート紙のように加工されている紙です。

メリット
  • パーティーなどのゴージャスなチラシに最適
  • 厚みのある丈夫なチラシにピッタリ
デメリット
  • 華やかな写真だと、色が変わる

チラシの厚さと印象について

みなさんは、チラシの厚さによって印象が変わることを知っていますか。ここからは、厚さ別のメリットとデメリットをお伝えします。

まず、0.08mm~0.10mmの用紙です。これは、コピー用紙と変わらない厚さです。折込や不動産のチラシにピッタリです。デメリットは、紙の重さを感じにくいことです。

これよりも厚いのが、0.09~0.13のチラシです。厚みのある頑丈なチラシが製作できます。デメリットは、スーパーやドラックストアーなどの薄いチラシには向きません。

変わり種のチラシ印刷

チラシといえば、壁に貼り付けるタイプをイメージしますよね。いまは、変わり種のチラシがあるのです。

たとえば、ラーメン屋さんのチラシには、商品が飛び出しくるクーポンつきチラシや美容室の宣伝チラシでは、六角形のチラシを開けるような仕組みになっています。

他には、ダンボールのようなクラフト素材を使用して、文字は白色のみ使用するチラシもあります。これは、カフェや美容院の宣伝に使えそうなチラシです。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]