ちらし/フライヤー

ここでは、チラシ印刷が安い3社を徹底比較。チラシ印刷のポイントや注意点などをまとめて紹介しています。

格安チラシ印刷で評判の印刷通販会社を比較

チラシはおもに宣伝や広告といった目的で制作されており、日常生活で常に目にしている印刷物で、用途に応じてさまざまなタイプのものがあります。

なかでも折込チラシやポスティングによる広告は毎日手にしているくらい、業界で最も依頼件数の多い印刷物でもあります。

そこで、印刷通販でチラシを依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を3つ厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

チラシ印刷おすすめ3選

片面フルカラー印刷で100枚依頼した場合の最安値と納期、用紙のサイズ、用紙の種類でピックアップし比較しています。

プリントパック

価格 670円(送料込)
用紙 A4/A4変形サイズ コート紙90kg
納期 7営業日(土日祝を含む)
業界トップクラスの安さと品質の高さが魅力!価格以上の高いクオリティを追求しており、ユーザー数は80万人以上という実績を持っています。
用紙の種類や加工オプションなどのバリエーションも多彩で、高品質な印刷技術をリーズナブルな価格帯で依頼することができるので、多くの利用者から高い信頼を得ています。

イロドリ

価格 720円(送料込)
用紙 A4サイズ コート紙90kg
納期 7営業日(土日祝を含む)
メールだけでなく、電話やチャットを駆使した24時間完全サポートが特徴。サイトに掲載のない商品やサービスの見積りも積極的に行っています。

ラクスル

価格 価格:864円(送料込)
用紙 用紙:A4サイズ コート紙90kg
納期 納期:7営業日(土日祝を含む)
デザインから印刷、投函までサポートしており、自社で印刷を行わず全国1700件の印刷会社と提携することで、他社にはないスピーディな対応を実現しています。

最安値は良質で格安印刷が評判のプリントパック

プリントパックは、商品代金に関係なくすべての印刷アイテム1点から全国無料配送を行っており、HPに掲載されている金額以外は一切かからないので安心!わかりやすい料金体系が利用しやすいと人気になっています。

入稿原稿がMicrosoft Officeデータでも、印刷機へのデータ変換作業は無料で行ってくれるから、専用ソフトが使用できなくてもすべてお任せできるのが魅力!色校正も予算に応じて3種類を用意しているるので、状況に応じて選択することができます。

サポート力も高く、土日祝日関係なくサポートしてもらえるので、万が一の時でも迅速な対応が可能。東京や大阪、京都に実店舗もあるので、店舗に行けばその場で印刷も行ってもらえます。

幅広い印刷アイテムがどこよりも安く印刷を依頼できるだけでなく、充実のサポート体制が整っているのでリピーターが多いのも特徴のひとつ。プリントパックより安い印刷業者があれば、価格保証も行ってくれるという価格へのこだわりは業界No.1だと思います。

24時間の完全サポートが魅力のイロドリは、どんなものでも見積もりますという積極性がアピールポイント。

また、400種類も用意されているという各種のテンプレートは、初心者の方には安心できる点かもしれません。

ラクスルは、自前の印刷会社を持たない体制ですが、1700件もの印刷会社と提携し、空いている機械で印刷を依頼するというアウトソーシングにより低価格を実現しています。

利用後のアンケートが公称満足度98%という点も魅力のひとつです。

チラシ印刷のワンポイント

主にチラシに使用されている用紙サイズは、A3~A5、B4~B6がメイン。用途や目的に応じて好きなサイズを選んでいきます。

チラシ印刷は100枚単位から依頼できますが、大口になるほど1枚あたりの単価が安くなるので1度にたくさんの数量を依頼するのがポイント!

ファーストコンタクトとして大切な役割があるチラシ類の印刷は、デザインや用紙の種類などより多くの人に注目されるようなものを作成しなければなりません。

印刷通販会社では最も多い依頼があるアイテムといえ、どの会社も趣向をこらしたプランやデザインを扱っているので、予算はもちろん、伝えたい内容に応じて選んでみると良いと思います。

仕上がりの種類

  • チラシ
  • フライヤー
  • ポスティング(投函)チラシ
  • ビラ
  • 片面カラー
  • 両面カラー
  • 表面カラー/裏面モノクロ

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]