写真集

ここでは、写真集を安く印刷することが出来るおすすめ印刷会社をまとめて特徴やこだわり、費用などを紹介しています。

写真集を低コストで印刷!おすすめの印刷通販3選

印刷通販サイトでの写真集印刷は、1冊から数千冊まで目的に応じて依頼することが可能。最近では、思い出の写真をアルバムにする目的として、一般の方が気軽に本格的な写真集を作成できると注目されています。

そこで、印刷通販で写真集印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!写真集印刷価格比較表

各社の写真集の印刷プランを価格で比較してみました。比較条件は、紙のサイズが「A4」の「中綴じ印刷」、印刷は「カラー」で部数は「100部」の「20ページ」です。また、最短納期と4営業日納品の価格も掲載しております。

見ていただくと分かるのですが、写真集の専用プランを用意している会社は数少ないため、写真が多い印刷物で仕上がりの出来を気にされるのであれば、写真集プランのある会社に依頼することをおすすめします。

業者名 最短納期 最短納期の価格 4営業日の価格 送料 備考
プリントパック 4営業日 ¥37,500 ¥37,500 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 取扱なし - - - - -
プリントネット 取扱なし - - - - -
イロドリ 取扱なし - - - - -
キングプリンターズ 取扱なし - - - - -
アルプスPPS 取扱なし - - - - -
グラフィック 取扱なし - - - - ※フォトグラフィック有り
ネットDEコム 3営業日 ¥80,697 ¥62,488 税込み 送料込 ※写真集に対応している中綴じ冊子印刷の値段
WAVE(ウェーブ) 取扱なし - - - - -
東京カラー印刷 取扱なし - - - - -

写真集を印刷する場合の価格表です。料金や納期の早さを比較する前に対応している会社が少ないです。対応していても、写真集印刷の専用ページはなく、中とじ冊子の印刷で写真集に使えると書かれている程度です。

その中でも「プリントパック」は写真集印刷といったページを持ち、料金も3万円代と他社の写真集に適している印刷代の半分程度のコストでおさまります。

なので、写真集を印刷=プリントパックと覚えていれば、他社の見積りを出すこともなくスムーズな依頼ができます。

写真集を印刷するときの紙の厚さと種類について

写真の印刷は、どの印刷業者に頼むのがオススメなのか写真集を印刷通販で依頼したい時に、気になるのが紙の厚さです。どれぐらいの厚さの紙と種類があるのか紹介します。

最初は、パソコンで印刷をしている人にはおなじみの「上質紙」です。この紙は、塗料が塗られていない関係で光沢やツヤのない紙質をしています。

そして、紙の厚さが分厚いことでも知られています。主に、書籍・カタログ・チラシと幅広く使われることや値段の安さがメリットです。デメリットとしては、インクがにじみやすいのでフルカラーには向いていません。

次は、コート紙と呼ばれる用紙です。上質紙よりも光沢あるためグラビア雑誌といった写真を多く利用している書籍にピッタリです。

デメリットは、本の表紙にも使われるアートコート紙の値段が高いことです。さらに、文章の多い写真集では文字が見えずらいのでNGです。

最後に、マット紙と呼ばれる用紙です。マット紙は上質紙をベースにしているので、ツヤが少ない紙質となっています。とはいっても、上質紙のようにまったくツヤのない紙ではありません。

主な使われ方としては、高級感がある高級な美術書にも使われています。メリットは、写真衆の表紙に使用すると上品な雰囲気を演出し、目を疲れさせない効果が期待されます。デメリットは、インクが落ちたり、他のページに色が移ることがあります。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]