パネル/POP

ここでは、パネルやPOP印刷でおすすめの印刷会社を徹底調査。サービスの特徴や印刷料金などをまとめています。

パネルやPOP印刷でおすすめの印刷通販会社リスト

商業施設や展示会などで使用されている大型のパネルやPOPなどの印刷は、専門の印刷会社でしか行うことが出来ない印刷物のひとつ。

印刷通販で大型パネルやPOP印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!パネル印刷価格比較表

各社のパネル印刷の価格比較してみました。パネル印刷は対応している会社が少ないことがわかります。比較条件は、「マットボードパネル」でサイズは「A2」、印刷は「片面カラー」で部数は「1部」です。また、最短納期と3営業日の価格も掲載しております。

業者名 最短納期 最短納期の価格 3営業日の価格 送料 備考
プリントパック 2営業日 ¥2,020 ¥1,950 税込み 送料込 7㎜と5㎜が同価格
raksul(ラクスル) 4営業日 ¥3,290 - 税別 送料別 -
プリントネット - - - - - ※対応なし
イロドリ - - - - - ※マットボードパネルを使ったパネル印刷なし
キングプリンターズ - - - - - ※パネル加工のみ
アルプスPPS 当日配送 ¥5,000 - 税込み 送料込 ※翌営業日発送・当日お届け(東京の一部)のみ
グラフィック - - - - - ※マットボードパネルを使ったパネル印刷なし
ネットDEコム - - - - - ※マットボードパネルを使ったパネル印刷なし
WAVE(ウェーブ) - - - - - ※マットボードパネルを使ったパネル印刷なし
東京カラー印刷 当日発送 ¥4,540 ¥1,950 税込み 送料込 -

2017年4月調べ

パネル印刷で納期の速さと価格の安さの2つを持ち合わせているのが「東京カラー印刷」です。こちらは、当日配送であると4540円とアルプスPPSよりも460円は安いです。そして、3営業日の場合の料金はプリントパックと同じです。ただし、大きいロットの印刷が必要な場合はプリントパックが優れています。紙の種類が多いのは、「東京カラー印刷」と「プリントパック」です。どちらも専用マットボードパネルを提供しています。

パネル印刷において気を付けること

パネル印刷を行いたいときに気をつけることはなんでしょうか。その1つが紙の種類と特徴を知ることです。パネル印刷では、A・B版が使われています。

このどちらの用紙を選択するのかによって、使用する画像の解像度が決まります。例えば、今回のパネル印刷の表で調査したA2ではタテ2480×ヨコ3508の画像を使うことがオススメです。

それが、A5になるとタテ1165×ヨコ1654の画像を選ぶのが良いでしょう。このように、使用する用紙によって適している画像ファイルが違うことを注意しましょう。

そもそも、A・B版にはどんなメリットとデメリットがあるか気になりますよね。まず、A版のメリットは、1つの用紙に多くの情報を載せられることやB版よりは大きいサイズなのに薄いことです。

デメリットは、文字が少ないパネルでは無駄な空白ができることです。対して、B版は、宣伝用のポスターにも使われている用紙です。

メリットは、日本の測定方式で作られた用紙なので日本人向けのパネルになじむことです。逆に、デメリットとしては紙の国際ルールに沿っていないので、海外向けのパネルには適していません。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]