ポスター

ここでは、ポスター印刷が依頼出来るおすすめの印刷会社を厳選して紹介。費用や納期、サービス内容をまとめています。

格安ポスター印刷でおすすめの印刷会社とは

各種イベントや商品案内などに用いられているポスター印刷は、サイズが大きいため専用プリンタのある専門業者に依頼しなければなりません。

印刷通販でポスター印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!ポスター印刷価格比較表

各社のポスター印刷の価格を比較してみました。比較条件は、紙のサイズが「A1」、紙の種類は「コート90kg」、印刷は「両面4色」で部数は「10部」です。最短納期と3営業日の価格も掲載しています。

業者名 最短納期 最短納期の価格 3営業日の価格 送料 備考
プリントパック 3営業日 ¥30,600 ¥30,600 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 1営業日 ¥37,500 ¥32,200 税別 送料別 -
プリントネット 当日発送 ¥43,820 ¥34,150 税込み 送料込 ※当日配送入稿12時迄
イロドリ 1営業日 ¥34,807 ¥30,733 税込み 送料込 -
キングプリンターズ - - - - - ※コート90kg無し
アルプスPPS 1営業日 ¥35,720 ¥31,540 税込み 送料込 -
グラフィック 1営業日 ¥43,890 ¥31,090 税込み 送料込 -
ネットDEコム 当日発送 ¥48,221 ¥34,160 税込み 送料込 -
WAVE(ウェーブ) 1営業日 ¥29,010 ¥26,100 税抜き 送料込 -
東京カラー印刷 当日発送 ¥40,440 ¥30,600 税込み 送料込 -

2017年4月調べ

ポスター印刷を行う業者の中で、その日に配送できるのが「東京カラー印刷」です。ただし、選べる用紙のバリエーションやサイズの多さは「プリントパック」と「ラスクル」の2トップです。この2つの中で納期を重視する場合は、翌日には配送してくれるラスクルが良いでしょう。それよりも、納期よりも用紙やサイズの豊富さは譲れなくて、安い値段を希望している人はプリントパックを選びましょう。

ポスターの紙と重さについて

ポスターには、作成するものによって適している紙があります。そこで、「上質紙」「コート紙」「マット」の3つの紙に分けて、メリットとデメリットについて解説します。

上質紙

プリンターやファックスで使用するコピー用紙に使われているのが、上質紙です。特徴としては、ツヤがなく薄めの厚さの紙です。そのため、個人のサークルやイベントのチラシに適しているのがメリットです。その代わり、駅やビルに掲載されるビジネス用のチラシには使えないことがデメリットです。

コート紙

コート紙は、写真を載せるとキレイに印刷されるのがメリットです。ポスターでいうと、サロン・美容院・ブライダルといった華やかなイメージのある業界の宣伝に向いています。デメリットは、写真よりも文字が多いポスターでは読みずらいでしょう。

マット

光沢はなくてもいいから、高級感を出したい印刷物に向いているのがマット紙です。特徴としては、光沢を押さえた落ち着いたデザインです。メリットは、シンプルでレトロなイラスト風デザインに向いています。他にも、モノクロ写真のポスターを作るときに向いています。デメリットは、カラー印刷をするとコート紙よりも出来上がりが悪いです。

ポスター用紙のサイズの選び方

コピー用紙でよく使われているのが、A4・B5サイズですよね。ポスターにも主流の用紙があり、A・B版の大きい用紙が使われています。

その中でも、A~B2の用紙がポスターには向いています。ここで、A~B2の大きさですが、A2は新聞を閉じたときのサイズです。B2は、カレンダーやアーティストのCDのおまけポスターと同じ大きさです。

選挙ポスターなど壁に貼り付けるタイプのポスターに向いています。それでは、A1といった新聞を見開いた時のポスターは効果があるのでしょうか。

もちろん、大きいサイズなので見た人にインパクトを与えます。ただし、大きすぎて掲示するのが難しいのがデメリットです。

これをヒントに、インパクトよりも貼り付けしやすいA3ポスター(パンフレットを開いた時と同じサイズ)を選ぶことも有効です。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]