ポスター

ここでは、ポスター印刷が依頼出来るおすすめの印刷会社を厳選して紹介。費用や納期、サービス内容をまとめています。

格安ポスター印刷でおすすめの印刷会社とは

各種イベントや商品案内などに用いられているポスター印刷は、サイズが大きいため専用プリンタのある専門業者に依頼しなければなりません。

印刷通販でポスター印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!ポスター印刷価格比較表

各社のポスター印刷の価格を比較してみました。比較条件は、紙のサイズが「A1」、紙の種類は「コート90kg」、印刷は「両面4色」で部数は「10部」です。最短納期と3営業日の価格も掲載しています。

業者名 最短納期 最短納期の価格 3営業日の価格 送料 備考
プリントパック 3営業日 ¥30,600 ¥30,600 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 1営業日 ¥37,500 ¥32,200 税別 送料別 -
プリントネット 当日発送 ¥43,820 ¥34,150 税込み 送料込 ※当日配送入稿12時迄
イロドリ 1営業日 ¥34,807 ¥30,733 税込み 送料込 -
キングプリンターズ - - - - - ※コート90kg無し
アルプスPPS 1営業日 ¥35,720 ¥31,540 税込み 送料込 -
グラフィック 1営業日 ¥43,890 ¥31,090 税込み 送料込 -
ネットDEコム 当日発送 ¥48,221 ¥34,160 税込み 送料込 -
WAVE(ウェーブ) 1営業日 ¥29,010 ¥26,100 税抜き 送料込 -
東京カラー印刷 当日発送 ¥40,440 ¥30,600 税込み 送料込 -

2017年4月調べ

ポスター印刷を行う業者の中で、その日に配送できるのが「東京カラー印刷」です。ただし、選べる用紙のバリエーションやサイズの多さは「プリントパック」と「ラスクル」の2トップです。この2つの中で納期を重視する場合は、翌日には配送してくれるラスクルが良いでしょう。それよりも、納期よりも用紙やサイズの豊富さは譲れなくて、安い値段を希望している人はプリントパックを選びましょう。

印刷通販でポスター製作するときに役立つデザインの5つのコツ

印刷通販でポスターを作るときに肝心なのはデザインです。

素人には難しそうですが、今はネットで簡単にイメージ写真やフォントが手に入るので、ちょっとしたコツさえ覚えておけば自分でも作ることができます。

また他人に作ってもらうにしても、デザインの基本をわかっているとイメージを伝えやすいので便利です。

抑えておきたいポイント5つを紹介しましょう。

1.アピールする相手を絞る

まずは「誰に向けたポスターなのか」ターゲット層を明確にしましょう。

子どもが興味を持つものとお年寄りが気になるものはまったく異なりますから、万人受けするものを作ろうとするのは素人にはまず無理です。

そのポスターを作る目的を明確にして、ターゲットとなる人の目を引きそうなデザインを考えていきましょう。

例えば若い女性向けだったら温かみのある華やかなデザイン、子ども向けならばハッキリとした色使いで、ひらがなのキャッチコピーをメーンに置いて…など、見せる相手が決まればおのずとイメージが固まるはずです。

2.目立たせたい内容に優先順位をつける

ポスターに使う写真、図、文字の大きさを決めましょう。

紙面の大きさは限られています。あれもこれも…と欲張って詰め込むと、かえって目に留まらないゴチャゴチャしたポスターができあがってしまいます。

「この写真を一番大きく使う」「このキャッチコピーが目立つように配色を考える」など、目立たせたい写真や図、キャッチコピーに優先順位をつけていくと、メリハリのあるスッキリとしたポスターに仕上がります。

3.文字の大きさや書体を決める

2の内容とも重なりますが、文字の大きさや書体は読みやすさ、目に留まりやすいかどうかにかかわってきますので、ポスター作成の際には非常に重要です。

そのポスターをどこに貼るのか、遠くからでも見やすくする必要があるかによっても、適切な文字の大きさは変わります。

また、侮れないのが書体です。

同じ内容を書いても、固いイメージの明朝体にするのと丸みのあるゴシック体にするのとでは、受ける印象がずいぶん変わります。

文字の大きさや書体を選ぶ際にも、1で述べたターゲット層を意識してください。見せたい相手の年齢、イベントや告知の内容、使う予定の写真やイラストの雰囲気にも応じて選ぶとよいでしょう。

4.色使いを決める

パッと見のポスターの印象を大きく左右するのは色使いです。

ハッキリとした原色カラーでとにかく目立たせたいのか、やさしいパステルカラーで親しみを持たせるのか、モノトーンにして高級感を演出したいのかなど、こちらも目的に応じて使い分けましょう。

初心者が作る場合であれば、使う色の数は極力少なくすると統一感が出しやすいので無難です。このときもターゲットを意識して、相手の性別や年齢などを考えながら選びましょう。

また色は人の心理に影響を及ぼすともいわれています。例えば食べ物に関連することなら食欲をそそるオレンジ系、ビジネスや医療関係なら清潔感のあるブルー系、癒やしを演出したいなら落ち着いたグリーン系など、シーンに応じてマッチしやすい色というのは大体決まっています。一般的によく使われているイメージカラーも参考にして配色を決めるとしっくりくるでしょう。

5.無料のテンプレートを活用する

どうしてもうまくいかない…というときは、ネットで検索すると無料で使えるテンプレートや画像がたくさん出てきます。

プリントパックやラクスルのサイトにも簡単にポスターが作れるテンプレートが用意されていますから、もし自分で一から作るのが難しい場合はそれらを活用するのも手です。

大枠はテンプレートを利用して、細かいレイアウトや配色は自分で考えるというのも、個性が出しやすいのでオススメです。

また、最近はネットでデザイン制作を受注してくれるデザイナーもいますから、ちょっと凝ったものを作りたいときには依頼するのもよいでしょう。

ポスターの紙と重さについて

ポスターには、作成するものによって適している紙があります。そこで、「上質紙」「コート紙」「マット」の3つの紙に分けて、メリットとデメリットについて解説します。

上質紙

プリンターやファックスで使用するコピー用紙に使われているのが、上質紙です。特徴としては、ツヤがなく薄めの厚さの紙です。そのため、個人のサークルやイベントのチラシに適しているのがメリットです。その代わり、駅やビルに掲載されるビジネス用のチラシには使えないことがデメリットです。

コート紙

コート紙は、写真を載せるとキレイに印刷されるのがメリットです。ポスターでいうと、サロン・美容院・ブライダルといった華やかなイメージのある業界の宣伝に向いています。デメリットは、写真よりも文字が多いポスターでは読みずらいでしょう。

マット

光沢はなくてもいいから、高級感を出したい印刷物に向いているのがマット紙です。特徴としては、光沢を押さえた落ち着いたデザインです。メリットは、シンプルでレトロなイラスト風デザインに向いています。他にも、モノクロ写真のポスターを作るときに向いています。デメリットは、カラー印刷をするとコート紙よりも出来上がりが悪いです。

ポスター用紙のサイズの選び方

コピー用紙でよく使われているのが、A4・B5サイズですよね。ポスターにも主流の用紙があり、A・B版の大きい用紙が使われています。

その中でも、A~B2の用紙がポスターには向いています。ここで、A~B2の大きさですが、A2は新聞を閉じたときのサイズです。B2は、カレンダーやアーティストのCDのおまけポスターと同じ大きさです。

選挙ポスターなど壁に貼り付けるタイプのポスターに向いています。それでは、A1といった新聞を見開いた時のポスターは効果があるのでしょうか。

もちろん、大きいサイズなので見た人にインパクトを与えます。ただし、大きすぎて掲示するのが難しいのがデメリットです。

これをヒントに、インパクトよりも貼り付けしやすいA3ポスター(パンフレットを開いた時と同じサイズ)を選ぶことも有効です。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]