カード/チケット

ここでは、カードやチケット印刷を行っている印刷会社の中で評判の業者を比較。価格や特徴などをまとめています。

カードやチケット印刷で人気の印刷会社を比較!

カードやチケット印刷は、店舗のメンバーズカードや割引チケット、クーポン券などをはじめ、コンサートチケットや各種イベントチケットとして色々な場面で利用されている必需品。

印刷通販でカードやチケット印刷を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!ショップカード印刷価格比較表

各社のショップカードの印刷価格を比較してみました。比較条件は、「ショップカード(54mmx85mm/54mmx86mm)」で紙の種類は「マットコート220kg」、印刷は「両面4色」で部数は「100部」。また、最短納期と5営業日の価格を掲載しています。

業者名 最短納期 最短納期の価格 5営業日の価格 送料 備考
プリントパック 1営業日 ¥13,000 ¥4,200 税込み 送料込 -
raksul(ラクスル) 2営業日 ¥4,670 - 税別 送料別 2営業日か、3営業日(4460円)しか選べない。
プリントネット 1営業日 ¥3,010 ¥2,500 税込み 送料込 -
イロドリ 1営業日 ¥7,549 ¥4,720 税込み 送料込 -
キングプリンターズ 2営業日 ¥2,860 - 税込み 送料込 ※2営業日か、6営業日(2000円)しか選べない
アルプスPPS 3営業日 ¥4,350 ¥3,700 税込み 送料込 -
グラフィック 1営業日 ¥7,100 ¥3,310 税込み 送料込 ※最短納期は、店舗翌日受取の価格
ネットDEコム - - - - - ※指定サイズ・用紙なし
WAVE(ウェーブ) - - - - - ※マットコート220なし
東京カラー印刷 5営業日 ¥12,000 ¥12,000 税込み 送料込 -

2017年4月調べ

このショップカードの価格表を見ると、1営業日から対応している安い印刷業者は「プリントネット」「イロドリ」「グラフィック」の3社です。

なかでも、用紙の種類(サイズ・降り方の豊富さ)というポイントを加えると「プリントパック」がお得です。納期も早いです。

ショップカードの紙と重さについて

ショップカードは紙の質で相手に与える印象ががらっと変わります。ここでは「上質紙」「コート紙」「マット」といった3つの用紙に分けて解説します。

上質紙

とてもシンプルな用紙として知られています。主にコピー用紙・はがき・ノートに使われています。一番なじみのある用紙ではないでしょうか。

最大のメリットは、えんぴつでも書き込めることができます。そのため、ショップカードでメッセージが書き込めるタイプに向いていることや100枚で2000円と安いことです。

デメリットは、写真の多いショップカードを印刷すると色合いが良くありません。

コート紙

コート紙は、他の用紙よりも光沢があります。主な用途としては、ポスターやチラシに使われています。そのため、写真やイラストを配置したいショップカードには適しています。デメリットは、自宅用のプリンターでの印刷ができないことです。印刷業者に頼むのがベストです。

マット

マットワックスといった言葉を聞いたことがありますか。髪をセットする力が強いワックスです。それと同じくマットもかたい用紙です。

メリットは、高級感のあるショップカードを作れて、長持ちしやすいことです。デメリットは、鉛筆やボールペンでの書き込みができないことです。メッセージ型のショップカードには適していません。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]