初心者歓迎!印刷通販のすべてがわかるサイト » 印刷物を制作するときのコツ教えます
各印刷物の料金早見表をCHECK!!
初心者歓迎!印刷通販のすべてがわかるサイト » 印刷物を制作するときのコツ教えます

印刷物を制作するときのコツ教えます

印刷物を制作するにあたり、スムーズに作業を行うためにも一連の流れを把握しておく必要があります。

それぞれの過程でチェックしておくと良いポイントについてもまとめてみましたので、印刷物を制作する時に活用してみてくださいね。

抑えておきたい印刷物制作のプロセス

依頼する印刷物の内容や規模によって制作過程に違いがありますが、依頼してから完成するまでのおもな流れは以下のようになっています。

ステップ1.問い合わせ・依頼

どのような印刷物を依頼したいのか、印刷部数や用紙のサイズなどを担当者に伝えていきます。

ステップ2.ヒアリング・企画

具体的なイメージや制作プランなどを確認しながら、どのようなものをデザインしていくのか決めていきます。

ステップ3.ラフデザイン提案・見積り

大まかなデザインを作成し、制作費用や納期などを伝えて見積りをとります。

ステップ4.作業内容の確定・契約

印刷部数やデザイン構成などを取り纏め、見積り内容や制作条件などを確認したら契約を行い、正式な発注という形になります。

ステップ5.原稿デザイン制作

確認していたラフ案をベースに最終的なデザイン案を確定していきます。

ステップ6.校正・修正作業

内容のすり合わせをしながら、デザインの修正や正式な印刷を行う前に、実際の印刷機と印刷用紙を用いて試し刷りを行い、色確認をしていきます。

ステップ7.印刷

校正と修正が完了したデザインを印刷・加工していきます。

ステップ8.納品

契約時のプランによって印刷日数や配送方法などは異なりますが、印刷完了後に手元に届けられ、請求書の金額に基づき入金をします。

印刷物制作のコツとは?

実際に印刷物を制作する際には、ある程度コツを知っていると作りやすいものです。ここでは、次の点にフォーカスを当てて解説しています。

印刷物のかたち

どのような印刷物を作りたいのか、目的にあった形状や判型を決めておくと、スムーズに作業が始められます。

原稿の作り方

印刷会社にお任せする場合も、ロゴや画像などデザイン作成時に必要な原稿を準備しておく必要があります。

見栄えのよいレイアウト

印刷会社によっては、デザインテンプレートで簡単に作業できるのでオススメ!すべてのデザイン構成を請け負ってくれるところもあります。

仕上がりが肝心

入稿する原稿が完成したら、仕上げの加工についても考えなければなりません。加工によって同じデザインでも印象が違うので確認しておきましょう。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]

印刷通販が安い!おすすめ比較3社

名刺 430円 チラシ・フライヤー 2,830円 パンフレット 5,890円
名刺 480円 チラシ・フライヤー 2,850円 パンフレット 6,630円
名刺 864円 チラシ・フライヤー 3,024円 パンフレット 10,778円
各印刷物の料金早見表をCHECK!!
おすすめの印刷通販会社リスト
最短納期でスピード印刷ができる印刷業者を3つ紹介
JBF
ジオプリント
プリントアース
プリントパック
東京カラー印刷
WAVE(ウエーブ)
ネットDEコム
グラフィック
アルプスPPS
キングプリンターズ
イロドリ
プリントネット
raksul(ラクスル)
ファインワークス
バンフーオンラインショップ
よみプリ
アドプリント
プリントイエロー
印刷通販ウイルダイレクト
こがわ
【印刷物別】激安で依頼できる業者はどこ?
封筒
ダイレクトメール(DM)
はがき/ポストカード
パンフレット/カタログ/冊子
ちらし/フライヤー
名刺
ビジネス資料
カード/チケット
ポスター
喪中はがき
【その他】ノベルティーなど
カレンダー
写真集
書籍/同人誌
パネル/POP
印刷物を制作するときのコツ教えます
仕上がりが肝心
見栄えのよいレイアウト
原稿の作り方
印刷物のかたち
知っておくと便利な印刷物の基礎知識
使える文字は?
どんな色でも印刷できるのか
手書き原稿を入れたいのだけれど
写真データのサイズとは?
校正とはなにをすればよいか
どんなソフトで制作すればよいか
オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?
安く仕上げるコツはあるのか
どんな印刷物を頼めるのか
デザインは頼めるのか
原稿のサイズと紙の厚さの決め方
早わかり!印刷用語辞典
サイトマップ