見栄えのよいレイアウト

ここでは、印刷物を見栄えのよいデザインにするコツやポイントなど上手に原稿を作成する方法をアドバイスしています。

デザインアイデア満載!印刷物制作マニュアル

印刷物を制作する際は、画像やデータをただ決められた用紙の範囲内に収めればよいというものではなく、誰が見てもわかりやすく見やすいレイアウトを意識しなければなりません。

伝えたい情報を正確かつ分かりやすく表現するということは、専門の知識がないと限られた時間の中でスムーズに制作するのは難しいと思います。

そこで、プロの方がレイアウトしたような印刷物を制作するためのヒントとして、役立つ情報をいくつか集めてみましたので、参考にしてみてくださいね。

ステキに仕上げる原稿デザインのコツ

まず、洗練されたデザインに仕上げたいのであれば、第一歩はプロの真似をするということ。

作成したいイメージに近い既存の類似デザインをチェックしながら、良いところを取り入れつつ制作するという方法は、デザインの素人でも作業がしやすいと思います。

デザインコンセプトや記載事項を箇条書きでまとめてから、デザインやレイアウトを進めていくのも効果的。アイデアが整理されているので、より良いものに仕上げられるはずです。

ちらしの裏でも構わまないので、下書きとして、どの文字、あるいはパーツをどこに置くかをさっと描いていくことも大事なことです。その際には精緻なものでなくて、ぜんぜんかまいません。こどもの書いた落書きレベルで充分です。

また、同じテーマやデザインでも印刷物の形状やタイプによって、レイアウトは異なるのでしっかりとチェックしておくことも大切!

冊子などの場合は全体のストーリー制なども考慮しながら構成していきましょう。

困ったら迷わずプロにお任せ!

どんなデザインにしたらいいのか行き詰ってしまったら、プロにお任せするのもひとつの方法です。

印刷通販会社によっては、専任デザイナーが制作を請け負ってくれるプランや、簡単に加工することができるテンプレートなどを配布しているところも結構あるので、レイアウトやデザインが心配、ソフトの操作が今ひとつわからないという方は、積極的に利用してみるとよいと思います。

苦手なことはプロにお任せするのが1番!希望のイメージを経験豊富なデザイナーが形にしてくれるので、初めての方でもこんな感じにしたいというイメージさえあれば、気軽にお任せすることができるのでオススメです。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]