各印刷物の料金早見表をCHECK!!
各印刷物の料金早見表をCHECK!                        
チラシ・
フライヤー(1000部)
名刺(100部) カタログ(1000部)

プリントパック

公式HPへ
3,030円 1,470円16,780円
7営業日以内

ファインワークス

公式HPへ
5,150円 2,142円 33,600円
5営業日以内

グラフィック

公式HPへ
4,260円 2,520円 26,080円
7営業日以内

バンフーオンラインショップ(帆風)

公式HPへ
4,180円 2,189円 30,987円
7営業日以内

WAVE

公式HPへ
5,412円 2,508円 35,882円
7営業日以内

[条件]
チラシ・フライヤー:A4/コート紙90kg/1000部/7日後発送
名刺:オンデマンド・ホワイトアートポスト・180kg/100部/翌日発送
カタログ:中綴じ/A4/フルカラー/コート紙90kg/8P/1000部/7日後発送
(ファインワークスは5営業日発送)

※記載している金額は2020年6月17日時点での税込み価格になります。

プリントパック

ここでは、業界随一の品質と価格で人気のプリントパックの特徴や取扱商品、印刷料金などをまとめて紹介しています。

業界トップクラス!低価格で高品質のプリントパック

プリントパック
引用元:プリントパック公式HP(https://www.printpac.co.jp/)

プリントパックは、印刷コストが安いだけでなく、それ以上の高いクオリティでの出力を追求している印刷会社です。その真摯な姿勢に共感するユーザー数は、なんと80万人(2016年5月現在)という、驚異の実績を持ち、業界屈指の規模を誇ります。

すべての価格が追加料金一切不要のコミコミ金額となっているので、初めての方でもわかりやすく、安心して利用することができるところもポイントのひとつ。

アイテムによっては、急ぎの方のために、当日午前10時までの注文受付分は 夕方以降に発送してくれる当日発送サービスも行っており、東京と関西に店舗があるためエリア限定の超特急便という当日着のコースも実施しています。

また、他社では取扱っていないアイテムやうちわなどの季節限定商品など、随時追加されている幅広い印刷商品のラインナップも魅力!印刷料金に関わらず、全国送料無料なのも嬉しいですね。

素早いデータチェックで安心プリント!

もうひとつ注目のサービスは、入稿と同時に印刷に支障がないデータがどうかをチェックできる「クイックデータチェック」です。

データが不完全だと、意図どおりの印刷結果にならないことがあるので、作業の前に必ず印刷会社がチェックするものですが、通常は多少の時間がかかり、修正がある場合にはやりとりも生じるため、時間のロスになってしまいます。

でもこの「クイックデータチェック」は、ウェブ入稿時にチェックも同時スタート、画面に従って進めていけばよいだけなので、とても簡単です。データに間違いがあった場合でもその場で直せるので、納期が遅れる心配もありません。

プリントパックの口コミ評判

・プリントパックは価格の安さが魅力です。両面のカラー印刷でも安価なのでデザインを妥協することなく作成できます。フォトショップのデータを使用しているので、完成データのPSDファイルをそのまま入港できるのも楽でうれしいです。利用し続けて10年ほど経ちますが、入行後の差し替えなども簡単にできるようになったりと、改良されている面も増えています。また、おまけなどとした多めに印刷してもらえたりするのも助かります。

・会社の方で販促用のチラシを約5,000部作ることになったのですが、社内では作るのが難しそうだということになり、こちらを利用させて頂きました。これまでは発案から印刷までを社内ですべて行っていたのですが、人手不足や機材の劣化など様々な面で問題が発生していたのですが、こちらのお願いすることでそういった問題をすべてクリアすることができました。5,000部を約10日で仕上げてくれました。梱包などもしっかりしていたのでこれからはこちらにお願いしようと思います。

・ホームページに納期や価格の一覧表が用意されているためとても分かりやすいです。また、商品のバリエーションも多いです。納品の際には様々なファイル形式のデータに対応しており、作成時の注意事項などもわかりやすく説明されています。届いたものの品質も高くとても満足しています。時に納期スピードに関しては驚くほど、当初案内された出荷案内よりも早めに届きました。

・名刺の作成に伴い、こちらに依頼させて頂きました。価格はなんと送料込みで500円という安さで驚いてしまいました。仕上がりももちろんきれいで、この価格でこの品質の名刺ができるなら十分すぎると思います。デザインも増えてきており、いろいろなバリエーションや紙の種類が選べるので重宝しています。そのほかにも、ダイレクトメールや印刷物の周囲が多く、自分の予算や納期に合わせて作れるのが助かります。高価格な印刷と比べるとどうしても見劣りする部分が出てきてしまいますが、この価格でこの品質は他にはありません。

・一定の価格や品質を保ちながら、非常にリーズナブルに印刷をお願いすることができます。これまでA4見開き4ページの注文をお願いしましたが、満足いく品質です。年末には今まで自宅で作成していた年賀状をこちらでお願いしました。もちろん品質も満足ですが、自宅でプリンターを使った際のインク代などを考えても、とてもお得に年賀状が作れたのではないかと思います。

取扱商品

代表的な商品

名刺
料金 764円(送料込)
※~100枚(片面4色) 光沢紙(アートポスト)/標準180kg
納期 4営業日(土日祝含む)
チラシ/フライヤー
料金 580円(送料込)~
※100部(片面4色) A4/A4変型サイズ コート90kg
納期 4営業日(土日祝含む)
パンフレット
(中綴じ冊子印刷)
料金 3,964円(送料込)~
※8p 100部(フルカラー) A4判 コート90kg
納期 7営業日(土日祝含む)

会社情報

運営会社 株式会社プリントパック
所在地 京都本社:京都府向日市森本町野田3-1 
※他に東京・大阪に2店舗あり
営業時間 カスタマーセンター 平日9:00~25:00
土・日・祝9:00~12:00 / 13:00~17:00
配送料金 全国無料
支払方法 銀行振込/クレジット/代金引換払い/コンビニ/ペイジー

紙うちわなどプリントパックの商品ラインナップを紹介!

プリントパックで取り扱っているのは、パンフレットなどの冊子やチラシ、名刺だけではありません。ノベルティなどにもぴったりのグッズや、診察券、スタンプカード、チケットなど、さまざまな品が印刷できます。

プリントパックのおすすめ商品をご紹介します!

多種多様! 「ポリ製・紙製・ワンタッチうちわ」


プリントパックの公式HP画像
(http://www.printpac.co.jp/)

夏のノベルティとしておすすめのうちわ。

一般的にうちわと聞いて想像するポリ製の骨に紙を貼り付けたタイプのほか、紙製うちわやワンタッチうちわなど、多種多様なタイプがそろっています。

一般的なポリうちわは、長さが280nn、幅195mmのコンパクトサイズ。

両面カラー印刷で100部「16,800円」からとなっています。

厚紙に持ち手になる穴を開けた紙うちわは、かさばらず使い勝手がいいと人気の商品。

丸型は直径206mmのレギュラーサイズと、直径215mmの大の2種類があり、そのほかにも幅・長さとも164mmの四角形をしたミニ紙うちわもあります。

価格は、丸型レギュラーサイズが片面フルカラー印刷で100部「15,990円」。大サイズなら「22,900円」。

ミニ紙うちわは「8,990円」となっています。 ワンタッチうちわは、紙製のうちわにポリ製の持ち手をつけたタイプ。

直径210mmの丸形と、幅210mmのハート型レギュラーサイズ、幅230mmのハート型大サイズの3種類があります。

丸型ワンタッチうちわを片面フルカラーで100部作った場合の価格は「42,990円」です。

1個から作れる「オリジナルiPhoneケース」


プリントパックの公式HP画像
(http://www.printpac.co.jp/)

いま注目の商品は、オリジナルのiPhoneケース。

なんと1個から作れるので、「自分用にオリジナルiPhoneケースが作りたい」といった要望にも応えられます。

ケースタイプは、ポリカーボネート製のハードケースと、ポリウレタン製のソフトケースの2種類です。

対応機種: iPhone6 / iPhone6Plus / iPhone6s / iPhone6sPlus / iPhone7 / iPhone7Plus / iPhone8 / iPhone8Plus

ケースの色は、白、黒、透明の3種類。黒や透明のケースの場合は、ホワイトインクでの下地塗りの指定をすることで、はっきりとしたイラストに仕上げることができます。

印刷価格は1個「1,490円」。オプションで1枚50円のチャック付き袋や、1個100円のブリスターケースも用意しているので、プレゼントや記念品にも使えますね。

イベントなどにぴったりの「ミシン目入りチケット」


プリントパックの公式HP画像
(http://www.printpac.co.jp/)

イベントやライブのときに使われるチケット。

プリントパックでは、もぎとり用ミシン目の加工まで、すべて料金に含まれています。

チケット印刷ができる紙は以下の通りです。

紙の種類: コート紙 / マットコート紙 / 上質紙 / アートポスト紙 / ミラーコート紙 / ミラー上質 / ホワイトミラー上質 / ケント / 最高級インクジェット対応紙

表面のみ1色で印刷、表面はフルカラーで裏面は1色、両面フルカラーなど、ニーズに合わせて印刷ができます。

たとえば、180kgアートポスト紙に片面1色で100部印刷した場合の価格は「3,500円」。表面はフルカラーで裏面は1色の場合は、「4,600円」となっています。

ミシン目加工は、指定の場所に入れられるのも嬉しいですね。十字に入れる、平行に2本入れる、L字型に入れるといった要望にも対応しています。

「クリアファイル」はフルカラー印刷のほかに箔押しもOK!


プリントパックの公式HP画像
(http://www.printpac.co.jp/)

クリアファイルも人気商品のひとつです。

会社名入りのクリアファイルに資料を入れて渡したりと、営業活動にも大活躍します。

A4サイズのクリアファイルに片面フルカラー印刷をした場合は、100部で「19,400円」です。

社名などの箔押しも受け付けた場合だと、100部「9,900円」となります。

そのほかに、紙製のポケットフォルダーなども取り扱っています。

吸水性のいい専用紙を使った「紙製コースター」


プリントパックの公式HP画像
(http://www.printpac.co.jp/)

ちょっと変わった商品として、紙製のコースターも取り扱っています。

厚さが1mmのコースター専用の紙を使っており、吸水性もバツグン。

目先の変わったノベルティとして、宣伝にもぴったりですね。

丸型と角型の21種類があり、価格は片面フルカラー印刷で100部「9,800円」となっています。

冊子印刷

様々な製本方法があり、利用用途に応じて選べる

冊子で使用される形状の種類は、主に中綴じ冊子・無線綴じ冊子・折りパンフレット印刷の3種類があります。中綴じ冊子は、ページ数の少ない(8~80ページ)冊子におすすめの製本方法です。本の真中部分をホチキスでとめて製本します。

無線綴じ冊子は、比較的ページ数の多い冊子におすすめの製本方法です。本文を表紙でくるんで背の部分を特殊糊で固め製本します。折りパンフレット印刷は、幅の広い展開サイズを活用したダイナミックなデザインにおすすめの方法です。

幅広い取り扱い商品

プリントパックが取り扱う無線綴じには小ロットという冊子印刷があり、カタログやパンブレットを作りたいときに便利です。1部からでも依頼ができます。

他にも中綴じではモノクロでの印刷依頼もできるのがポイントです。加えて加工オプションでは、表紙の変更やPP加工でコーティングもできます。

また冊子とは別に、汚れやキズから本を守るためのブックカバー、本の魅力を買い手にアピールできる帯の印刷も依頼可能です。

価格

  • 中綴じ冊子:30部3,300円~
  • 無線綴じ冊子:50部7,750円~
  • 折りパンフレット印刷:10部1,250円~

封筒印刷

封筒印刷は様々なサイズに対応しており、自由なデザインを印刷可能

封筒印刷は、様々なサイズの封筒に会社名や絵などのデザインを直接印刷できるサービスです。フルカラーに対応しているので、制限のない自由なデザインを印刷することが出来ます。

50部からの小ロットに対応していますので、事務用でのご利用だけでなくDMなど効果的な販促用途でも広く活用することが出来ます。

封筒の種類も選べる

クラフト

一般的な茶封筒で、長3サイズには70gと85gの2種類から選べます。

未晒クラフト

モノクロでの印刷がおすすめだという未晒クラフト。もちろん、カラー印刷での依頼もできます。

ホワイトケント

白い封筒での印刷を依頼したい人向けの封筒です。フルカラーによる印刷が映えます。長3封筒、角2封筒についてはテープ付きの封筒も用意してもらえるのもメリットです。

カラー封筒

茶色や白以外でのラインナップも揃えているプリントパック。11種類のカラーから自分好みの色を選択できるでしょう。

ただ、依頼するサイズによっては選べないサイズもあるので、そこは覚えておきましょう。

プライバシー保護

中身が透けないように加工された封筒です。プライバシーにかかわる内容について取り扱う場合に役立つでしょう。

プライバシー保護(グラシン窓・地紋付)

封筒の内側に模様が印刷されているため、中に入っている書類が見えにくくなります。一部分からどのような書類か分かるよう、半透明のグラシン窓付きです。

抗菌ホワイト

封筒に抗菌剤を配合しているのが特徴です。封筒の裏には、「Ag+抗菌封筒」と印字が入っています。

対応サイズ

  • 角2封筒
  • 長3封筒
  • 角A4封筒
  • 窓付長3
  • 長4封筒
  • 洋長3封筒
  • 窓付洋長3

開催しているキャンペーン

冊子印刷おためしキャンペーン

冊子印刷(中綴じ冊子・無線綴じ冊子・折りパンフレット印刷)が、今なら各綴じ方1日100名様限定でおためし価格にて注文できます。

※キャンペーン終了期間:2021年7月31日

中綴じ冊子印刷(最大64ページ)

1部・2営業日(A4・B5・A5サイズ、フルカラー)460円(送料込)~

  • コート・マット・上質紙90kg:8P〜64P
  • コート・マット・上質紙110kg:8P〜40P

※キャンペーン対象

無線綴じ冊子印刷(24P(本文20P+表紙4P))

10部・1営業日(A4・B5サイズ、表紙:カラー、本文:カラ)3,380円(送料込)~

  • 表紙:コート・マット・上質紙110・135kg
  • 本文:コート・マット・上質紙90kg

※キャンペーン対象

折りパンフレット印刷

10部・1営業日(A4・A5・A6 / B5・B6、フルカラー 4P(二つ折り))1,290円(送料込)~

  • コート:90〜135kg
  • マットコート:90〜135kg
  • 上質:90〜135kg(A4・A5・A6 / B5・B6)

※キャンペーン対象

新規ユーザー登録キャンペーン

プリントパックに無料会員登録することで、特典がいくつか利用できます。

  • 特典1:2,000円分のプリントパックポイントプレゼント
  • 特典2:最大20,000円OFFを含むクーポン4種プレゼント
  • 特典3:無料で試せるクーポン6種(チラシ印刷、折パンフレット印刷、名刺印刷、フォトポスター印刷、ポストカード印刷、既製封筒印刷)プレゼント

※キャンペーン終了期間:2021年7月31日

夏商戦応援SALE

プリントパックは、短い納期にも対応できる「当日・翌日発送コース」(全国エリア)での依頼を受け付けています。夏によく使ううちわの依頼、またメニュー印刷についても相談可能です。メニュー印刷については、抗菌加工もしてもらえます。

※キャンペーン終了期間:2021年7月31日

印刷通販が安い!おすすめ比較3社

名刺 430円 チラシ・フライヤー 2,830円 パンフレット 5,890円
名刺 480円 チラシ・フライヤー 2,850円 パンフレット 6,630円
名刺 864円 チラシ・フライヤー 3,024円 パンフレット 10,778円
各印刷物の料金早見表をCHECK!!
おすすめの印刷通販会社リスト
立葉印刷
アドラク!
MEME PAPER
サポート体制が整っている印刷業者3選
高品質&オリジナルな印刷ができる印刷業者3選
デザプリン
PrintConcier(プリントコンシェル)
名刺21
ワンプリント
いろぷり
Adpia(アドピア)
ラベル印刷・シール印刷.com
HAGURUMA STORE(ハグルマストア)
資料印刷
プリントモール
D-print(ディープリント)
メガプリント
印刷の鉄人
マヒトデザイン
vistaprint(ビスタプリント)
パプリ
スピード対応ができる印刷業者を3社紹介
離島・沖縄でも送料が安い印刷通販会社
プリントパック
アルプスPPS
グラフィック
プリントネット
印刷通販POSTA!
raksul(ラクスル)
ネットDEコム
イロドリ
キングプリンターズ
印刷便(フデビン)
アクセア
プリントプリウス
WAVE(ウエーブ)
プリエイト
東京カラー印刷
JBF
ウェブプレス
ジオプリント
プリントアース
ファインワークス
バンフーオンラインショップ
ウイッツトーキョー
よみプリ
アドプリント
プリントイエロー
印刷通販ウイルダイレクト
こがわ
プリントプロ
名刺ショップドットコム
楽プリ.JP
グラフィック・ビズ
ベストプリント
プリンパ(旧:プリンパッ!)
圧着DMの栄光
プリントビズ
圧着DM専門店
【印刷物別】激安で依頼できる業者はどこ?
ノート
ブックカバー
スマホケース
アルバム
伝票
封筒
ダイレクトメール(DM)
はがき/ポストカード
パンフレット/カタログ/冊子
ちらし/フライヤー
名刺
ビジネス資料
カード/チケット
ポスター
喪中はがき
【その他】ノベルティーなど
カレンダー
写真集
書籍/同人誌
パネル/POP
印刷物を制作するときのコツ教えます
印刷用紙の選び方
データ入稿のやり方
仕上がりが肝心
見栄えのよいレイアウト
原稿の作り方
印刷物のかたち
知っておくと便利な印刷物の基礎知識
PDF入稿で印刷するさいのポイントは?
色紙に印刷するときの注意点とは?
使える文字は?
どんな色でも印刷できるのか
手書き原稿を入れたいのだけれど
写真データのサイズとは?
校正とはなにをすればよいか
どんなソフトで制作すればよいか
オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?
安く仕上げるコツはあるのか
どんな印刷物を頼めるのか
デザインは頼めるのか
原稿のサイズと紙の厚さの決め方
早わかり!印刷用語辞典
サイトマップ