名刺

ここでは、名刺を安く印刷出来ると評判の3社を比較しながら名刺印刷に関する情報をまとめて紹介しています。

リーズナブルな名刺印刷で評判の会社を徹底比較

名刺は社会人の必須アイテムとして欠かせない印刷物のひとつ。営業ツールとしてだけでなく、最近では自分を相手に印象づけるアピールアイテムとしても重要な役割を担っています。

中には、名刺を複数枚所有して、相手によって使い分けている人もいるほど多様化してきており、ビジネスに限らずさまざまなシーンで利用されています。

印刷通販で名刺を依頼する際に、安くて高品質な仕上がりで評判の会社を厳選してみましたので、それぞれのサービスを比較してみてくださいね。

会社別!名刺印刷価格表

各社の金額を比較してみました。比較条件は、名刺(91mm×55mm程度)で、紙は「上質紙」、厚さは「180kg」、印刷は「両面4色」、部数は「100部」です。また、最短納期と1営業日の価格で比較しています。

業者名 最短納期 価格 1営業日の価格 送料
プリントパック 当日発送 ¥1,610 ¥1,350 税込み 送料込
raksul(ラクスル) 1営業日 ¥1,550 ¥1,550 税別 送料別
プリントネット 当日発送 ¥4,520 ¥3,010 税込み 送料込
イロドリ 1営業日 ¥2,623 ¥2,623 税込み 送料込
キングプリンターズ 1営業日 ¥4,126 ¥4,126 税込み 送料込
アルプスPPS 1営業日 ¥7,750 ¥7,750 税込み 送料込
グラフィック 当日発送 ¥2,940 ¥2,470 税込み 送料込
ネットDEコム 当日発送 ¥2,484 ¥1,740 税込み 送料込
WAVE(ウェーブ) 当日発送 ¥2,950 - 税別 送料込
東京カラー印刷 当日発送 ¥1,610 ¥1,350 税込み 送料込

※価格は2017年4月に調査したものになります。

配送が早くリーズナブルなのは、プリントパックと東京カラー印刷です。東京カラー印刷は、紙質によって金額が高くなります。

例として「紙質:ホワイトアートポスト180kg 枚数:100部 印刷方法:両面カラー」で印刷すると、プリントパックは1480円です。上質紙180kgの1350円と同じぐらいの値段ですよね。

対して、東京カラー印刷は3350円と約2倍以上の価格差があります。

プリントパックは、紙質に関係なくリーズナブルで即日配送のできる業者です。ただし、即日配送には入稿する期限があるため注意してください。

名刺印刷おすすめ業者3選

両面フルカラー印刷で100枚依頼した場合の最安値と納期、最安値で選択可能な用紙の種類の多さでピックアップしています。

プリントパック

価格 430円(送料込)
用紙 6種類(上質/アートポスト2種/マットコート2種/ケント紙)
納期 3営業日(土日祝を含む)
価格以上のクオリティを追求しており、業界トップクラスの安さと品質の高さが魅力!リピーターも多く、ユーザー数は80万人以上の規模を誇っています。
ただ安いだけではなく、用紙の種類や加工オプションなども充実しており、印刷技術の高さにも定評あり。特に名刺印刷は誰もが利用しやすいリーズナブルな価格帯となっているため、プリントパックの中でも人気商品となっています。

アルプスPPS

価格 450円(送料込) ※ただし発注は900円/200枚から可能
用紙 2種類(マシュマロホワイト/アイボリー)
納期 3営業日
最新の生産設備を導入することで、圧倒的な低価格を実現!熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げてくれる品質の高さも評判となっています。
デザインから印刷までのワンストップサービスも特徴で、名刺印刷でもテンプレートが用意されています。

プリントネット

価格 480円(送料込)
用紙 5種類(上質/アートポスト2種/マットコート2種)
納期 3営業日(土日祝を含む)
土日祝日も営業しているだけでなく、24時間入稿可能!印刷アイテムも他社にはない豊富なバリエーションを取り揃えています。
名刺の印刷も3サイズから選べるのが特徴です。

名刺を印刷通販で依頼する際にどのような紙と重さを選ぶべきか

名刺を作るときに、どんな作り方が良いか悩みますよね。確かに、名刺に記入する内容は「名前」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「URL」と決められていますよね。悩むのは、紙質ではないでしょうか。

「上質紙」・「アートポスト」・「マット」といった3つの用紙のメリットやデメリットを紹介します。

上質紙

上質紙は、コピー用紙で使われているのでなじみがあるのではないでしょうか。

メリット

  • 一枚あたりの値段がリーズナブルです。
  • 白黒文字だけでの名刺に最適
  • 鉛筆での書き込みが可能
  • 裏に書き込めるメモ欄が作れる

デメリット

  • 光沢が感じられない
  • 紙の厚さがない

アートポスト

アートポストは、写真がキレイに移ります。高級感を出したいカタログ・パンフレット・ポスターに使われます。

メリット

  • 自分の写真つきの名刺にピッタリ
  • 紙の厚さがあり、名刺向きの用紙
  • 鉛筆での書き込みができる
  • 裏に書き込めるメモ欄が作れる
  • 明るい名刺を作成したい人にオススメ

デメリット

  • 100枚2500円前後と、上質紙よりも高め
  • ペンでの書き込みは、すべりやすい

マット

マット紙の用途は、ポスター・カレンダー・カタログで使われています。光沢がないため目にやさしい用紙です。

メリット

  • 写真のノリが良い
  • 華やかさと清潔感を演出
  • 社長や役員の名刺にピッタリ

デメリット

  • 光沢感をおさえている用紙

名刺の厚さと印象について

名刺は、用紙の厚さによって相手に与える印象は異なります。定番の厚さは「180kg」と言われており、お正月にいただく「郵便はがき」と同じ厚さなので、薄いですよね。さらに、用紙のサイズが厚いのが「220kg」です。これは、「はがき」よりも大きい名刺です。これは、政治家や弁護士といった専門家とよばれる職業に向いている名刺です。

変形名刺について

みなさんは、変形名刺といったものを知っていますか。これは、日本の名刺サイズである91mm×55mmですが、アメリカの89mm×50mmサイズといった名刺が作れるのです。さらに、変形名刺では背景が色つきのものから、蝶のデザインをした名刺があります。そのため、他の人と差別化できるのがメリットです。デメリットは、日本サイズの名刺入れに入らないことです。

免責事項など:このサイトで掲載している情報は、すべて個人がインターネット上で調べたものになります。特に印刷アイテムの価格などは変動要素が強いので、各社の公式ホームページにて必ずご確認ください。[2016年5月現在]